58019

★愛に還る(目覚める為の)「こだまなくらし」BBS★ サイト・動画・ブログを見て聞いてください 覚醒が目的のシェアリングの場です


死の悩み

1:よしだ :

2012/07/20 (Fri) 09:15:02

ブログの方にコメントありがとうございました。死については7年前から考えてきました。手塚治虫のブッダとかを読み出したのがその頃です。人は苦しむために生まれてきたのか、という思いが強かったです。で、06年からドロップアウトして今までさ迷ってきました。当時と比べたら死にたいする心の備えはできた感じです。最後のひとおしが欲しくて書きました。もちろん、死を選択するのではなく超越したいと思っていますが、現実に死が目前と迫っているので。死には病気などいろんな原因がありますが、私はお金が原因です。インディゴチルドレンという言葉がありますが、この社会で生きるのが生きづらくて仕方ないです。お金を稼いで生きることが。去年、社会に復帰してみましたが、やはりそう思いました。病気もお金も死ぬならば一緒なはずです。病気だけは幻想で、お金がなければ死ぬならばおかしい。いま、農業をしてるんですがマイペースでやれて楽しいです。でも現実にはお金がなくなって死んでしまう。働けばいいじゃんといわれればそうですが、だったら死はやはり幻想でない、ということになります。その辺について、レスをいただけるとありがたいです。今年34歳になります
2:こだま :

2012/07/20 (Fri) 10:34:55

よしださん書き込みありがとうございます。
申し訳ないのですが、
お書きになった内容の下記の部分のイミが把握できないのです・・・、

「働けばいいじゃんといわれればそうですが、だったら死はやはり幻想でない、ということになります」

これは、死は幻想ではない・・・というイミなのでしょうか?
いま一度お教え下さい。

私自身が「?マーク」のままだとヒビキも来ないのです。
そして、少しお時間も頂くかもしれません。



3:こだま :

2012/07/20 (Fri) 10:53:48

何度もすみません。
「病気だけは幻想で、お金がなければ死ぬならばおかしい」
・・・というイミもわからないのですが、
もう少し詳しく教えてください。
4:よしだ :

2012/07/20 (Fri) 11:42:30

捕捉します。例えば病気で死ぬと思ってる人は多いと思いますが、それは幻想なんですよね?一方でお金がなくて死ぬのも幻想なんだと思いますが、私はこのままだとお金が尽きて死ぬと本気で信じています。いま、貯金で暮らしてるので、それが尽きたら死ぬのは当たり前だ、といわれそうですが、だったら死は幻想じゃなくてやっぱり本当にあるじゃん、という思いがあります。お金に関してだけは働くことで解決しそしていきられる、ということならば死が幻想である、という説が病気や寿命など限定条件の話、ということになりますが、そういうことなんでしょうか?という疑問です。人は働かなければお金がなくなって死ぬ、という観念を信じています。よろしくおねがいします
5:たまえ :

2012/07/20 (Fri) 12:44:38

よしださん

お話聞かせてくれて有難う御座います!
とっても勉強になります^^
思うところ沢山ありますが
サークルのヒビキを一緒に待ちます。
6:キミヤ :

2012/07/20 (Fri) 13:36:55


少し攻撃的な文章となってしまいますがご了承下さい


よしださんの最初のコメントの時から妙な違和感があるのですが…

頭のかたさと言うのかな?
視野が狭まっているといいますか…
型にはめようとしている感じを受けたのですが

そこで理解の仕方などがズレてしまっているのかな?って気がします。

「死は物質界の中の概念でしかない」と言う意味で幻想と言っていたと思います

それと
「こう言って欲しい」
「誰かに肯定してほしい」
みたいな外に求めてる印象も受けました。


あと、
インディゴチルドレンという言葉が出て来ましたが

その言葉の使い方が

「インディゴチルドレンである事が社会に馴染めない原因で
それでお金に困っているんだ」
といっているように見えたのですが
それは全く理由にはならないんですよね


内なる声にそった生き方をしていれば(←これが大前提ですが)
インディゴチルドレンならなおさら

見えない領域からのサポートも沢山あるので
飢え死にするような事はまずないんですよ


もう一度自分自信をよく見つめ直してみてはいかがですか?

7:こだまなくらしサークル :

2012/07/20 (Fri) 14:43:29

>病気で死ぬと思ってる人は多いと思いますが、それは幻想なんですよね?

幻想です。

>一方でお金がなくて死ぬのも幻想なんだと思いますが、
私はこのままだとお金が尽きて死ぬと本気で信じています。

あなたがそう信じているならば、それはあなたの「決定」となっていますから、そうなるでしょう。

>いま、貯金で暮らしてるので、それが尽きたら死ぬのは当たり前だ、といわれそうですが
、だったら死は幻想じゃなくてやっぱり本当にあるじゃん、という思いがあります。

幻想の定義がどうやら違っているようです(核心がずれているようです)。
私たちは、あなたが「本当にあるじゃん」と思えるもの全てが幻想だと言っているのです。

>お金に関してだけは働くことで解決しそしていきられる、ということならば
死が幻想である、という説が病気や寿命など限定条件の話、ということになりますが、
そういうことなんでしょうか?という疑問です。

お金に関して働き解決し、何年かは生きられたとしても、みなやがては「死ぬ」と信じています。
その「死ぬ」ということが人類の「決定」であり、
実際には、その「決定」の為に「死んで」いる・・・と言っているのです。

だから、その「死ぬ」という「決定」を変えてください・・・とお伝えしているのです。
それが「死を超える」でお伝えしていることです。(どうぞ読んで聞いてください)

もちろん、それでも死ななくなるかどうかはわかりません。
しかし・・・「死などない・・・自分は永遠の存在・・・どうでもいいや」的な軽い気分にさえ成れれば、
あるいは、何かあって死んだとしても、その先を俯瞰出来るからこそ、
いまこの世界、この時点で、その「観念」を変更しておくことが大切だと感じているのです。

しかし、長い長い間、人類全体の常識とされてきた「観念」だからこそ、
変更するのは不可能なようにも見えます。
・・・それは、あなたが、
「人は働かなければお金がなくなって死ぬ」、という観念を信じているほど、
「インディゴチルドレンかもしれなくて、この社会で生きるのが生きづらくて仕方ない」と
決めているほど、動かしがたい「決定」となっています。

しかし、その変更は、その本人の「選択」と「決定」によって得られる・・・のです。
それは、自分でそう決めて「すでにそうである」「そうなったつもりで生きる」
・・・ことによってイシキが変容するのです。
それは決して「自分を騙す」「自分を丸め込む」「自分にいい聞かせる」のではありません。

この世界は、それが何であっても、全てが・・・
あなたが、まずそうと「決定」し、「すでにそうである」と決め、
「そう成ったつもり」で生きることで、やがて「そう成る」のです。

しかし、それはそれぞれの人がそうしてみなければ、そう成らないのは当然でしょう。

前回、「神で在る」実感を得たいと書いていたので、「決めてください」とだけ書きましたが、
「すでにそうである」(神で在る)と決め、
「そう成ったつもり」で生きること・・・(自分が思う神としてのシェアリング)が、
その体感や実感を得るコツなのです。(それは何度もお伝えして来ました)

それは、前回ドキンさんの解答に出てきた
「この世界であなたに出来ること・・・
それは、たとえ相手が誰で、どんな人で、どういった関わりの存在であろうとも・・・
他の存在(・・・に見える本当は自分自身)に
「愛」を表現する・・・「シェアリング」・・・と、
それを通して、あなたという「イシキを拡大成長させる」こと・・・」・・・を実行することであり、

実際には様々なことをやっているように思うでしょうが、
ここでやること、出来ること・・・は「それひとつ」だけ・・・だからそれさえやればいいのです。
それは、どんな小さなことでもいいのです。
そして、あなたが「神に成ったつもりで生きた時」・・・神で在ることが実感出来るのです。

さて、あなたは前述したその「観念」を変える気持は全くないのでしょうか?

あなたはいまお金が無くてもうすぐ死ぬ・・・と書いています。
現実に死が目前に迫っている・・・と書いています。

それはあなたの「決定」と成っていて、あなたにとっては動かしがたい「現実」となっています。
しかし、どのような「観念」もすべては「幻想」であり、
「ゲーム感情」「ゲーム情報」の中で創られてきたものです。
あなたは自分で掘った落とし穴に落ちているのです。

あなたはここに来たくて来たくて来たと言うのに、
いまは去りたくて去りたくて仕方が無いようです。
(お金が無くなったら死ぬに決まってるんだから仕方ない・・・と言われそうですが、
その観念を信じていること自体が去りたいという決定でしょう)

さて、あなたの「死にたいする心の備え」・・・とは一体どのようなものでしょうか?
「最後のひとおし」・・・とは何でしょうか?
死を選択するため?・・・のでしょうか?
それとも「もう死を待つだけ」の状態なのでしょうか?

かつて多くの聖者は、究極の絶望状態にまで達してから目覚めて行きました。
それは「絶望」や「究極」が「覚醒スイッチ」になっているからでもあります。

ブッダもまたしかりです。
「悟り」を得るための幾歳月の長い苦行の果てに、
「全てをやりつくし、あとはもう何もない、死を待つだけ」・・・という時になって、
「すでに悟っている存在であった」ことに気付いたのです。

あなたもまたブッダと同じ存在で在り、「すでに悟っている存在」です。
しかし、それを現すには・・・、自分で見るには・・・、あなたにとっての苦難に見える状況を通して、
この世界の幻想を、あなた自身で超えていかなければなりません。

それは、誰にも頼らずに自分でやるしかないのです。
そしてその為のツールはこうして、すでに与えられているのです。

ひとつ成る存在の同じカラダの右足として左足で在るあなたに・・・申し上げます。
どうかお願いです・・・読んでください・・・聞いてください・・・決めて・・・やってください。

あなたは、どこに在ろうとも「自分自身」の「気分」から逃れることは決して出来ません。
それは、「イシキ状態」「イシキの在り方」「心もよう」・・・何と表現しようが、
あなた自身の「自分という感覚」は、どこに移行しようとも、永遠に無くすことは出来ないのです。

ならば・・・いますでに与えられている「ワーク」を徹底的にして、
また「決めて」、また「そう成ったつもりで生きて」
その観念を変えてはゆきませんか?

それは、あなたにしか出来ないのです。

どうぞ、これを読んでくださる皆さんもご自分の体験や感想などをお聞かせ下さい。

8:よしだ :

2012/07/20 (Fri) 17:43:26

レスありがとうございます。長文レス書いたのに消えてしまいまして、ですがこだまさんのレスを見てひとおしされました。もちろん死を決定するのではなく。ただ、失敗したときの死の覚悟も必要だと思っていまして今回、ふんぎりがつきました。2011年まで自分が神とか、観念とか、全然知らずに生きてきて、もう古い生き方、人に植え付けられた生き方はしたくないと思っていますので、自分で決定していこうと思います。もちろん真実が知りたいのであって好きでやっていますので。
9:たまえ :

2012/07/20 (Fri) 23:52:28

>どうぞ、これを読んでくださる皆さんもご自分の体験や感想などをお聞かせ下さい。

自分の体験を書かせてもらいたいなと思ったんですが
ちょっとその前に
質問させてもらって良いですか?

よしださんへ質問です

>ただ、失敗したときの死の覚悟も必要だと思っていまして今回、
>ふんぎりがつきました。

これはどういう意味なんでしょうか?

まず最初にブログのコメント欄に書き込みした時に
「失敗したときの覚悟が必要」と思っていて
死ぬしかないから安らかに死を迎える心構えを教えて欲しくて
こだまさんのブログに書き込んだ。
という事ですか?
要するに現在のよしださんではなくて
少し前の過去のよしださんが
「失敗した時の覚悟をしていた」
のであって
今は「失敗したときの覚悟が必要」とは思ってない
という風に私は理解してますが
それで合ってますか?

もしそれで合っていたとしたら
過去のよしださんの感情をほじくり返す事になってしまいますが
「失敗したときの死の覚悟」というのは
何の失敗なのでしょうか?
過去を思い出せるなら教えて欲しいです。
もしかして
「失敗」というのは
イエス様のように肉体を持ったまま高次元に移行する事に失敗する
という意味ですか?
ちなみに私は「失敗」というものは
この世に存在しないと思っているので
何をもって失敗と判断するのかも解りませんが
「失敗した時の覚悟」という意味を教えて頂けると
嬉しいです。

それと
この「ふんぎり」とは何でしょうか?
何をふんぎったのでしょうか?
「死なない」と決められずにいたけど
こだまさんのレスを読んでふんぎりがついて「死なない」と決められた
という意味ですか?
10:やっほー :

2012/07/21 (Sat) 08:15:52

私は(あえてカテゴライズするならば・・・)インディゴかもしれない
もの心ついた時から反体制派的感覚であって
この世の価値観はおかしいと感じていて、何もかも同じくくりの金太郎飴はいやだった

しかし、世の中は色んな人がいて不公平に見える
そして考察する内に、幸せとは個人的感覚だと思った
そこで、自分なりに幸せになる方法を探した
色々やってみた
また「自分教」を構築して、長く過ごしてきた。
やがて、それも手放して「ただ在る」が見えた

そして、「死」だけは最大のこの世の全員が信じている価値観・決定だと感じた。
だから、情報を得て本当にインディゴならばそんなもの動かしてしまおう
どんなことしたって生きて行かれる
死なないよ
・・・って決めた、

そしたら、それが自分の真実と成って「死ぬわけないじゃん」と感じ、
やがては「死」はどうでもよくなった。
いまでは生きても死んでも何でも良いと思っている。

いまもうここが、(あえてカテゴライズするならば・・・)「第七天界」だと決め、
自分がそこの創造主と決め、出会う人全て仮面をかぶった「第七天界」の存在だと決めて、
何をしかけられてきたとしても「アソビ」として、少しでも明るい方向へと変換出来るように試み続けている

それは、相手がスピリチュアルに関心があろうとなかろうとまったく同じ・・・
みんなが確信犯でわざとやっていても、やることは同じ、
生きても死んでもやることは同じ、
そして生まれたことも死んだこともない・・・ことも感じてる
11:よしだ :

2012/07/21 (Sat) 08:23:03

こだまさんのレスを見て、やはり極限までいかないとダメか、と心のどこかで思っていた指摘がありましたので、「えぇい、なるようになるだろう」というように考えが進展しました。一人で悩んでいるより、他の人の助言のおかげで一歩進める、といったような感じでしょうか。書きました通り、死ぬしかないという思いと、生きると決めれば生きられる、という思いが拮抗していまして、いまはその拮抗が後者に傾いているという感じです。ふんぎりとは、その状態に移行した事です。私のいまの時点での認識では、死なないと決めることができれば、何回も同じことの繰り返しのように生まれ、死んでいく、というようなサイクルから抜け出せると思っていて、いまの時点でせっかくここまでこれたのに、また死んでやり直すが嫌だと思っています。苦悩があったからこそ、悟れたんだと思います。また1から苦悩するのは嫌だしめんどくさいので。そう何故か漠然と思っています。人は生まれ、親や社会から限定された情報を植え付けられ、本当は光輝く魂だったものがそうでなくなっていったと思っています。それを取り戻したいんです。
12:たまえ :

2012/07/21 (Sat) 09:40:56

よしださん

お答え下さり有難う御座います!
ふんぎりというのは
「生きると決めれば生きられる」に移行できた
という意味だったのですね。
それが聞けて嬉しいです^^

>死なないと決めることができれば、
>何回も同じことの繰り返しのように生まれ、死んでいく、
>というようなサイクルから抜け出せると思っていて

なるほど。
そういう事を考えておいでだったのですか
よしださんが輪廻転生を嫌っていたとは認識出来ませんでした。
単にこの見える世界を苦しく感じているだけなのかと
そう勝手に想像してしまいました。
そうでしたか。。。
私は短い言葉の中によしださんの心のうちを見る事が
出来ていませんでしたので、やはり質問してみて良かったです。
繰り返しますが質問に答えて下さり本当に有難う御座います!
心のうちを語ってもらえて嬉しいです。

また死んでやり直すが嫌だと思っているなら
そう思い続ければ2度とここには戻りませんよ^^
安心して下さい。

>本当は光輝く魂だったものがそうでなくなっていったと思っています。
>それを取り戻したいんです。

私もつい最近までそう思っていました(笑)
なのでよしださんの気持ちが良く解ります〜
また質問して申し訳ないですが
「本当は光輝く魂だったものがそうでなくなっていった」
という気持ち
これは不快ですよね?
私はとても不快でしたよ。
なので問答無用で手放しました。
そして源のヒビキからメッセージがきました。
私に届いたメッセージを書きますね。
本当は「人に植え付けられた生き方」なんて存在し無いです。
他人と思って見える人も本当は自分です。
だから生まれたと感じた日から今の今まで
私は誰かに従って生きてません。
全部自分に従って生きていました。
だから今までも私は素晴らしい生き方をしていた。
(素晴らしいというか良くも悪くもないという感じ)
そしてそれは世界中誰でも同じ。
皆素晴らしい生き方をしている。
だって私たちは一つだから。

私はこのメッセージを受けて
腑に落ちました。
なので私はよしださんの事も私だと思ってます^^
そして
昔のよしださんも
今のよしださんも
これからのよしださんも
私は等しく大好きです。
今のまま
感じるままに
生きて欲しいと思っています。

必ず取り戻せますよ。
もうすでに取り戻せている事に気がつくだけですから。

あともう一つ確認したいのですが
「お金が無い=死ぬ」
というユニークな発想をよしださんはもう手放せた
と理解してますがそれで正解ですか?

13:こだま :

2012/07/21 (Sat) 10:05:36

みなさん、ありがとうございます。
ところで、書き込むとき、あらかじめ「メモ帳」」「ワードパッド」などで
保存しながら書いて、ペースト⇒右クリックでここにコピペ・・・すると、
色々やってる内に長文が消えてもOKですよ。お試し下さい。

また「ドキンさん」の方に、データ便のアドレスやメッセージも乗せましたのでご確認下さい。
14:たまえ :

2012/07/21 (Sat) 10:11:47

やっほー さん

おおおお!元同士よ(笑)
私もついこの前までインディゴでした!
やっほーさんの書いた事
全て全て全て
まるっと同意です!!!
私もここは「第七天界」だと感じてるの。
そうとしか思えない(笑)

でね
カテゴライズの話ですが
私の思ってる事書きます。
インディゴチルドレン
クリスタルチルドレン
レインボーチルドレン
というカテゴライズについてです。

私は日々拡大成長していて
拡大成長するたびに生まれ変わってると感じています。
なので昨日の私はもう今日の私じゃない。
つまり0歳児なの。
ここは時間の幻想があるから年齢を積み重ねているように感じてしますけど
実は誰もが常にずっと0歳のままなんだと思うの。
だから少し前の私は確かにインディゴチルドレンでしたが
今は私はレインボーチルドレンになったと思ってる。
そう感じてるんですよ^^
私からみると今のやっほーさんは
レインボーチルドレンに見える。

前にキミヤさんに対して
「クリスタルチルドレン」とカテゴライズしたのは
キミヤさんは肉体の年齢が若くして目覚めてる人だね
という意味で言ったんだなと思うの。
生まれてくる子供は全てクリスタルチルドレンだもの。
最初からインディゴチルドレンな人なんて居ないと思う(笑)
古い習慣に抵抗を示し始めた人間が目覚めの初期には
インディゴチルドレンとなり、
内なる自己との最終戦争を終えると
クリスタルチルドレンとして生まれ変わり
そしてクリスタルチルドレンとして愛を表現していくと
レインボーチルドレンとなっていく。
そう感じているんです。
「誰も生まれなければ死んでもいない」
のが真実と感じていますが
あえて幻想に騙されて見える世界を語ると
今この時期に産まれてくる新生児は全員レインボーチルドレン。
親がレインボーチルドレンだと信じて育てれば
必ずそのままレインボーチルドレンとなる。
だからクリスタルチルドレンが育てる子供は
レインボーチルドレンである事も
インディゴチルドレンが育てる子供が
クリスタルチルドレンだという事も
納得がいく(笑)
私の娘は確かにクリスタルチルドレンであって
レインボーチルドレンだと思う。
私がレンボーチルドレンなのだから
当たり前なのだ^^
これからはほっといてもレインボーチルドレンが増えるよね。
現在大人と思える人も肉体を持ったまま生まれ変わり
レインボーチルドレンとなる。
全員がレインボーチルドレンとなるよ。
ここは第7天界そのものなんだと私が感じる理由は
そんなところです(笑)


15:たまえ :

2012/07/21 (Sat) 11:20:54

やっほーさんへ

ちょっと訂正させて下さい^^;

「元同士」
と書いたのは
私自身がインディゴチルドレンと思っていたけど
今はレインボーチルドレンと思っているので
「元」と表現してしまいましたが
やっほーさんの事は「同士」と思ってます(笑)
言葉足らずで
ども失礼しました<(_ _)>


そして〜
こだまさんへ

このサークルは
レインボーチルドレンを産む母なる場所だと感じました。
もう本当は全員レインボーチルドレンなんですよね。
これから成るのではなく
もうすでにそうなのだと感じてます^^
母は子に助けられ
そして母は無償の愛を送りつづけ
そして子は母に無償の愛を捧げる。
全てが母ではり子であり
ここは全てであるんでしょうね!
このサークルはそして地球は
なんて素晴らしいところなんでしょう
素敵です。
この場を提供してくれているこだまさんに
心から感謝してます!!
16:こだまなくらしサークル :

2012/07/21 (Sat) 11:34:59

さて、今回の件で今朝方メッセージが来た分を書いておきます。
古くなると「ガシャ~ン」になってしまうので・・・笑
__________________

(文中にて、よしださんの例を挙げさせていただきますが、
良いとか悪いといっているのでも、「あげつらう」わけでもありません。
どうぞ神として生きる「シェアリング」として受け容れていただきたく思います)

さて、「スピリチュアル」というカテゴライズも幻想の中で創られてきたものです。
実際には「スピリチュアル」でないモノなど存在すらしません・・・できません。(みなさんっ!そうですよね!!)

そして、インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・レインボーチルドレン・・・
インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・・・などなど
全て「コトバ」に成る時、それは、受け取るそれぞれのイシキ存在の感覚によって
全て「一人歩き」してゆくのです。

例えば「インディゴチルドレン」も幻想の中で、「この社会で生きるのが生きづらくて仕方ない」と
決めてしまうこともあれば、「自分の内なる声だけにそった生き方」・・・(ルール無用・・・自分がルール)
と決めることもあることでしょう。

実際には、全てが幻想なのですから、どちらが良いとか悪いということもありません。
しかし、その存在の為になるか・・・コトバを変えれば、
自分にとって「いい感じか」「やな感じか」・・・は、あるはずなのです。

だからこそ、内成る「源のヒビキ」という指針を使って、あなたにとっての
「ナイスなイミ付け」と「ナイスな真実」を創って下さい・・・と、お伝えしてきました。

ですから「スピリチュアル用語」もすべて、「自分なり」に「創って」ゆくことです(・・・たまえさんのように)
あなたの「好き勝手」でいいのです。(他の人を巻き込むというイミではもちろんないのです)

あなたが決めた世界が現れるのですから、あなたが脚本を書かなければ、それは「白紙」のまま、
みんな、うちわでパタパタ扇ぎながら撮影待ちしているのです・・・
「ちょっと~何待ち~?」「脚本家~」「おっそいんだよな~」・・・といったところですね。
ですから、あなたは創造主の自覚を持って、ちゃんと決めてゆかなければ成らないのです。

さて、全体の波動が高くもなり、「タイムラグ」も短縮してきています。
あなたは「精密チップ」になってきていますし、「手放し」「愛に還し」続けて行かなければ、苦しさもひとしおでしょう。
あっという間に極まで行って、「ダースベーダー化」して、
「死はない」のにもかかわらず、「死にたく」なってもしまうことでしょう。
しかし、今回お伝え出来たように、どこに在ろうとも、
あなたというイシキの「気分」から離れることは絶対に不可能なのです。

ですから、小さなことにも細やかに気付いてワークをやり続けることです。
聞き流しをしてももちろんいいのです・・・すると小さな部分や深いところのモノが浮上してきて、
突然「思いだされて」・・・、放出が出来るようにも成るのです。
また音声ファイルには私たちの「波動」も乗せています・・・ですから、聞き流しすることで
俯瞰と変容が早まることでしょう。

また、「こだまなくらし」に参加することでこの俯瞰と変容が早くもなります。
それは、あなたの神としての「シェアリング」と成るからです。
それはBBSもブログも単なる感想でもなんでも・・・どんな小さなことも感じたことを書くだけでもです。

あなたが「恥」や「罪悪感」や「劣等感」を超えて、一歩踏み出すとき、
あなたの体験が、みなの糧ともなり、またあなたにも還って来て俯瞰・変容が即されるのです。
どうぞ「恥ずかしい」とか「至らない」とか「どう思われるか」といった「感情」を手放してください。
(・・・という訳で今後、ご質問はメールではなくBBSにてお願いします・・・こだま)

そして、このことについては、是非とも「たまえさん」に
「サークル」に参加してからの、あなた自身の俯瞰と変容をご披露いただきたいと思っています。
お時間のある時でけっこうですから、どうぞよろしくお願いします。

「こだまなくらし」サークル

追記・・・あなたの体験ということで「題名」を考えていただき、
新規スレッドを立ち上げてくださっても良いです・・・このスレッドが長くなりますので。
17:たまえ :

2012/07/22 (Sun) 00:25:14

ご指名頂き光栄で御座います(笑)
そうですね
確かに6月にこだまさんに直接メールした頃の自分と
今の自分、全然違うと思う(笑)
その変容ぶりをサークルは間近で見てたんですものね^^;
サークルに参加する事で自分は変わったよ
という体験を書かせて貰います。


その前にキミヤさんが立ち上げてくれたスレッド
「本当の意味では救えない」
に先に自分体験談書かせて貰いますね
今書かないと後に「ガシャーン」になるから(笑)
その後に書かせて貰います^^
18:よしだ :

2012/07/22 (Sun) 08:03:25

思いきって本音を書き、ご親切にレスしていただきありがとうございました。インディゴというのは前から気になっていて、定義があまりにも当てはまっていてインディゴと言ったほうが話が通じやすいかと思っていってみましたが、こだまさんの言われる指摘はよくわかりますので、インディゴだから仕方ない、みたいではなく、自分で決定していこうと思います。なにせ、数ヵ月前までは自分で決定できるなんて思わず34年間生きてきたものですから、その癖がまだ直りません。しかし、ここまでたどり着けたのは自分が苦悩し、光を覆う雲を掻き分けるように必死に生きてきたからだという自覚がありますので、ここまでこれたことに感謝しています。

>>たまえさん
私は自分がなんにでもなれる全ての決定者だというのを知った後、それとは逆の事を教えてきた社会に対して怒りがわいてきました。一方で、それは必然で怒ることではないとわかっていますが。なので手放していけばいいと思っています。まだ手放す、というのが実感としてよくわかっていませんが、いろんなワークをやっています。こだまさんのワークがシンプルで最近はこれを使うことが多いです。前の価値観だと、こんなことで今まで見てきた幻想が変わるんだろうか?という思いがわきますが、でも確かに現実が変わってきている感があります。外に対して嫌悪するのでなく、手放すことが最善の選択肢だったんですね。あなたのように、全ては一つとはまだ思えていません。それはワンネスという悟りの境地ですね。金がなければ死ぬってのがユニークですか。私としては多くの人が捕らわれてる一般的なものだと思っていましたが。この観念はあまりにも重く、完全に手放しているとはいえません。ですが、ぜひとも手放したいワクワクする観念なので、それを感じたときに手放していきたいと思っています。私のこの観念については、前にご紹介した「マネーゲームから脱出の法」という書籍でテーマになっており、多くの人が関心を持っているようで売れ続けています。お金の話だけでなく、結局は自分が創造主ですよっていう本なので、こういう本が売れ続けている素晴らしい時代(ビジネス部門でかなり上位)ということで、ぜひ多くの人に読んでもらいたいと思っています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E8%84%B1%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%89/dp/4899762798
19:たまえ :

2012/07/22 (Sun) 11:14:01

よしださん
お返事を有難う御座います!

>それとは逆の事を教えてきた社会に対して怒りがわいてきました

私も全く同じでしたよ!
良いんですよ。怒って良いんですよ。

違いますね
本当は「良い」でも「悪い」でも無いんですが
あえて「良い」と言わせて貰います(笑)

>金がなければ死ぬってのがユニーク

言葉足らずですみません!
お金が無い=モノが買えない
とか
お金が無い=良い暮らしは出来ない
とか
お金が無い=苦労する
とか
お金が無い=食物を買えないから食べられない
とか
お金が無い=寒さをしのぐ家に住めない

他にもありそうですが
今あげたような事を言う人は良く見かけます。
でも
お金が無い=死
にいきなり直結した表現をする方が
私の周りには居なかったものですから
ユニークだなと感じたんです。

>金がなければ死
>完全に手放しているとはいえません

そうですか。。。
大丈夫ですよ!
これも手放そうと感じているなら手放せますから^^

よしださんはもしかして
他人の施しは絶対受けないと決めてますか?
日本は生活保護という制度がありますので
お金なくなったら役所に行けば教えてくれると思います。
勿論厳しいと思えばどこでも厳しいですから
生活保護だけじゃ食べていけないんだぞ甘いぞ
と言う人は居るかもしれませんが
私はそうは思いません。
食べなくても死なないと思ってますから。
↓詳しくはここに書いてあります。
http://mizuetenji.web.fc2.com/a15.htm
私はお金がなくて食べ物買えないなら
食べないで生活しますよ^^
家はどうにかなるものだし。
お金の為にガツガツ働く必要なんてないですよ。
好きな事して生きている人、沢山居ます。
よしださんも好きな事をして楽しく生きて欲しいです!

ちなみに私もお金に困った時がありました。
その時は優しい料理好きな親友に
毎日のようにご飯食べさせて貰いました。
昼の弁当まで作ってくれて夕飯も御馳走になってました。
お金払ってません。
彼女は私がご飯を食べてる姿を見るのが好きで
自作の料理を美味しく食べてくれる事が自分の喜びだと言ってくれたので
私は美味しいご飯をいつも御馳走になってました。
本当に料理上手なんですよ、頂いたお料理全て美味しかったです。
今も忘れず感謝しています、Yさん有難う。
優しい人は居るんですよ。
私が特別な人間だから恩恵を受けれた
というわけじゃないと思います。
私も生活に困っていて助けて欲しいと言われたら
彼女がしてくれたように自ら望んで
出来る限りのお手伝いをしたいと思っています。


>結局は自分が創造主ですよっていう本なので、
>こういう本が売れ続けている素晴らしい時代

本当ですよね〜
素敵な時代に私達肉体を持って生きてますよね!
よしださんに同感です!
素敵な読み物は沢山の人に読んで貰いたいですよね!

私はよしださんが「死」を選択しないと決めてくれた事が
嬉しくて嬉しくて仕方ありません!
そして感じた事を書くという表現をしてくれた事に
感謝しています^^
更に言わせてもらいますと
よしださんと関わる事が出来たことで
更なる拡大・成長出来たと実感しています。
よしださんのおかげです。
本当に有難う御座います!!
自分の望む世界で共に生を楽しみましょう!


年齢言わないとダメなルールが
何となく見えたので言います(笑)
私は今年41歳になります。
3歳児2人(双子)育ててる母親やってます。
あえてカテゴライズするならば
普通のおばちゃんです(笑)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.