58021

★愛に還る(目覚める為の)「こだまなくらし」BBS★ サイト・動画・ブログを見て聞いてください 覚醒が目的のシェアリングの場です


本当の意味では救えない

1:キミヤ :

2012/07/21 (Sat) 13:25:18


僕は今、姉と二人で暮らしていて
その姉は4・5年前から不眠症だったり拒食と過食を繰り返したりと苦しんでいて
悪くなる一方で強制入院の一歩前だったりします。


僕自身もスピリチュアルに関心が向く前に
そんな姉をどうにか助けようとして
逆に引っ張られる形で病んでしまい
2年ほど引きこもって廃人手前だった事があります(苦笑)

まぁ、その頃の記憶はほとんど無いので書きようがないんですがね



僕はスピリチュアルに関心が向いてから
両親に対する恨みは手放したのですが

姉の症状の根本には小さい頃から受けてきた母親の暴言が大きいようで

どうにか姉が母親への思いや、過去への執着を手放せるようにと

このサイトを紹介したり
アドバイスしたり
天使を送りまくったり

いろいろ試している所です。


最近になってようやく
母親への執着がなくなってきたり
素敵な巡り合わせがあったりと

少しずつ効果が出てきたかな?といった感じです


それぞれが自由意思を持ち自分で選択しているので
本当の意味で救えるのはその人自身だけだという事や

それでもその手助けをする事くらいは出来るんだということを強く感じています。






あー…うまく文章にできてる気がしないけど

そこは皆さんの読み取る練習って事で…。


少しはお役にたてるかな?

2:キミヤ :

2012/07/21 (Sat) 21:25:57

追記

誰かを癒そうとするとき
その相手の病気や怪我に意識をむけたり
問題だと思っていると

本来、物質世界の中だけのもので
幻想であるはずの病気や怪我を
存在するものだと認め
意識をフォーカスしている訳ですから

その状態で「癒そう、なんとかしよう」
と思っていても上手くいかないようです。

まずは自分が
全く問題などないと認識しながら接する事が大切なようです。

3:たまえ :

2012/07/22 (Sun) 00:36:03

キミヤさん!
私の体験、そして結論
同じなのでここに書かせて貰いますね〜

まずキミヤさんへ
体験を書いてくれて有難う!
そしてキミヤさんの

>全く問題などないと認識しながら接する事が大切なようです。

これが私の最終的な結論です。
全く同じなのですが
私なりに思った事を書きますね。
言ってる事は

>全く問題などないと認識する

という事なのでキミヤさんの書いてくれた事
私は全て理解出来ましたよ!
通じるか心配しないで大丈夫です(笑)
4:たまえ :

2012/07/22 (Sun) 10:29:28

皆さんおはよう御座います!
昨夜はこれを書いてる途中で中断しちゃったので
今書き終えました〜

「自分の目の前で泣き叫ぶ人間」
を見て感じていた「苦痛」からの解放されるに至った体験談
書かせて頂ます^^

まず
私の目の前で泣き叫んでいた人というのは
娘です。
今3歳です。今年4歳になります。
ドキンさんやキミヤさんのご家族のように
病気では無いのですが「泣き叫ぶ」のは同じなので
私の体験も同じカテゴリと私は思うので
こちらに書かせて貰いますね。

私が娘の「泣き叫ぶ」姿に苦痛を感じてた頃の
状況を少し説明します。
子育てをされてる方には
「イヤイヤ期」「魔の2歳児」
と言えば解るかと思いますが
子育て経験のない方にはその言葉では
通じないと思うので軽く説明します。
自我が目覚め始めてる2〜3歳頃というのは、
言葉を上手く話す事が出来ないのに
欲求だけがしっかりしてくるんです。
なので自分の「こうしたい」「これが欲しい」などの要求があるのに
周りの人間に伝える事が出来ずイライラして泣き叫び怒りまくるんです。
いわゆる「だだっこ」と言えば解るでしょうか?
デパートの玩具売り場や
スーパーのお菓子売り場などで
「あれ買って!あれ買って!」
と言わんばかりに床に寝そべって大泣きしてる幼児
そしてその親が困り果てている姿
見かけた事あるでしょうか?
ほとんどの人が見かけた事があると思います。
それと同じような感じだと思って下さい。
とにかく親は子供の泣き叫ぶ姿を見て
困ってしまうんです。
どんなになだめても又はしかっても
泣き叫ぶ事をなかなか止めてはくれないのです。
私の場合は「あれ買って!」というはっきりした要求
というか原因が解らない状況でした。
「あれ買って欲しい」んだろうなと推測で解るなら
ひとまずそれを買えば泣き止むでしょう。
しかし原因が解らないとどうしてあげる事も出来ず
ただ泣き叫ぶ我が子を見ているしか出来ないんです。
一日のほぼ大半、何をするにもいちいち泣き叫ぶ人間
それも娘は一卵性双生児で2人居るんです(笑)
本当は数なんて関係ないんですが
目の前に原因も解らず泣き叫ぶ人間が2人も見える状況は
かなり苦痛だったんです。
娘2人が泣いて叫ぶ姿を見てる事
そしてそれがいつまで続くのかも解らない状況
それが私の苦痛の原因でした。
苦痛を感じた時に「この感情は要らないから手放そう」
と思っていちいち手放していました。
でも手放しても手放しても手放しても
目の前の泣き叫ぶ我が子の姿を見るたびに
嫌な感情は湧き上がってくるんです。
手放しきれて無いんですよね^^;
それである時私は何故泣いてる娘を見て
苦痛を感じるのだろうか?
と考えてみたんです。
そしたら
娘の要求に答えてあげれない事への罪悪感
自分がいたらない母、いたらない人間だと感じていて
それが苦痛の原因だったんです。
言い方を変えますと
自分の苦痛の原因は自分へ批判だったわけです。
そしていくらか子育てに対して不安が減って
育児が楽しく感じられるようになってきて
娘が泣き叫ぶ回数も激減しました。
ですが今もなお「泣き叫び」は続いています^^;
この書き込み書き始めた夜中にも
いわゆる夜泣きがありまして(笑)
わーわーギャーギャー泣く泣く。
書くの止めて大泣きに付き合いましたよ〜
うふふふ。
そうそう、
「幼児のパニック(心の不安)は親の不安が生むんだよ」
という事を知りましてね
その言葉が腑に落ちたんです。
そしてそれは今もそうだと感じています。
だけどね
それだけで説明出来ない状況も確かにあるんです。
例えば
積み木をやっていて
上手く出来なくてイライラして泣き叫ぶ。
これってどう考えても私のせいじゃない(笑)
我が子も自分だという広い意味では私のせいではありますが
あえてここは分離による幻想を信じた場合
積み木が上手く出来なくて泣くのは
親が原因では無いよね。
積み木が出来ない娘本人のせいだよね(笑)
そんな積み木が出来なくて泣いてるのまで
「ああ、私がまだ手放ししきれてないからだ」
などと思うこたー無いな
と思えたんです。
それで
子供が泣く=自分のせい
という決めつけの制限をいったんなくせたんです。
例え腑に落ちた事でも
また新たに感じる事があれば
変更して良いという事が自然に出来たんですよ。
これは「嫌な事は他人のせいにしろ」
という話ではありませんからね。
完全に俯瞰出来る過程でいったん感じた事を書いただけですので
最後はまた全然変わりますから
安心して聞いて下さい(笑)
それで
これこそ真実!と感じる素晴らしい考えを
捨てられた時(変更出来た時)
私の扉は開きかけて、もっと凄い事が解ったんです。
(ごく当たり前の事なんですが)
そう、ここで初めて
「泣いている人なんて本当は居ない。幻想だ」
という事が解ったんです。
言い方を変えますと
「苦痛に苦しんでいる人間など一人も存在していない」
という事です。
これを説明していきます。

苦痛を感じてる人は
子供だと「わーわーギャーギャー泣き叫ぶ」
大人でも「悲鳴を上げる」
というような表現をしたりします。
このような状況を俯瞰して「ただ見る」事をしたら
「自分の感情を体いっぱいで表現してる」
それだけなんだな、という事が見えたんです。
感情には
「悲しい」とか「苦しい」とか「嬉しい」とか「楽しい」とか
色々あります。
これは単なるカテゴライズに過ぎないんです。
どれも単なる「感情」でしかないんです。
なので本来「楽しい」も「苦しい」も同じ。
私はそう思うんです(笑)
どこからが「楽しい」で
どこからが「苦しい」のか解る人居ますか?
私は時々「苦しいけど楽しい」とか
「痛気持ち良い」と感じる時があります。
これってどこに分類されるんだろう??
分類(カテゴライズ)する必要は本当は無いよね(笑)
ただ感じるわけですよ
「悲しい」とか「苦しい」とか「嬉しい」とか「楽しい」とか。
皆自分勝手に
「これが“苦しい”なんだろうな」
と思ってるだけなんですよ本当は。
だからその本人じゃなきゃ本当の意味ではその感情は理解出来ない。
でも何となく共通するかな?的な事で
「言葉」を当てはめてみる。
「言葉」という共通ツールがないと
今の人間同士では感情の情報交換は出来ない。
だから便宜上「言葉」を使っているわけで。
感情に一切のカテゴライズは本当は要らない。
全て感情はただの「感情」でしかない。
というのが今の私にしっくりくる感じです。
それで思ったんです。
オリンピックがもうすぐ開幕ですから
オリンピックで例え話にしますね^^
私は日本人だから日本の選手を応援します。
やっぱり日本の選手が金メダルを取ってくれたら
嬉しいんですよね。
なので日本の選手が金メダルを取ったところを
皆さんも想像してみて下さい。
誰でも良いです。
有名なところで水泳の北島選手に登場してもらいましょう(笑)
北島選手が一番で泳ぎ終えました。
彼は自分のタイムを確認し
そして「一位」である事を確かめた瞬間
歓喜にあふれそれを表現してくれるでしょう。
北島選手はガッツポーズだけでは終わらないでしょうね(笑)
泣いて見せてくれるかもしれません。
とにかく全身で喜びを表現してくれるでしょう。
そしてその瞬間をテレビの生中継を見てる日本人は喜び、叫ぶでしょう。
「やったー!やったー!」
ただただ歓喜にあふれ涙する人も居るでしょう。
周りの人と一緒に抱き合って喜ぶ人も居るでしょう。
あああああ、想像しただけで私は泣いてしまう(笑)
そう
皆これがしたいんです。
勿論勝って金メダルを取って欲しいという気持ちもあります。
でもそうじゃないんです。
それまでトレーングを積んで精進してきた選手が喜んでる姿を見たいんです
そして喜びを日本人全員で分かちあいたいんです。
その瞬間を皆で待っているんです。
だいぶ話がズレましたので
元に戻しますと
「感情のまま全身で表現する」
という意味では
北島選手が金メダルをとった瞬間の喜びの表現と
うちの娘が積み木が上手くいかずに怒り泣いて叫んでるのと
ドキンさんの御母様が痛みに耐えられず苦痛の叫びを上げてるのも
実は全部一緒なんです。
かなり違うように見えますが
本当は一緒なんです。
全部幻想なんです。
これだけは本当なんだという事は何一つ無いんです。
嫌な感情の伴う事は幻想、良い感情が伴う事は真実
というわけではなくて
「嫌」も「良い」も全部幻想なんです。
だからこそ「良い」と思う事だけを「真実」
とカテゴライズすれば良いんです。
私はそれに気がついてからは
不快感で泣いてる我が子を見ても
「金メダルを取って喜んでいる」としか思えなくなりました(笑)
ある意味それは正解でして
不快感こそが自分の「気づき」という金メダル
(サークル風に表現するとクリスタル)
なんですもの。
泣いている人は金メダル取って喜んでいるんですよ。
金メダルとった選手が泣いているのを見て
「ウルサイな〜みっともないから泣くの止めなよ」
と感じる人はあまり居ないと思います。
いや、一人も居ないと私は信じてます。
そう
泣くのを、叫ぶの止めて欲しい
苦痛を感じるのを止めて欲しい
という気持ちは苦しいと訴える人を少しでも楽にしてあげたい
という優しさ(愛)なのですからそれはそれで良いんです^^
でももう一歩俯瞰して見ると
金メダルを取り上げようとしてる
乱暴な言い方してる泥棒なのです(笑)
私達は一つですから「泥棒」というのは本当は存在し無いのですが
幻想における言葉のあやです^^;
なので私は泣いてる我が子が目の前に居ても
見てるだけ&抱きしめてあげるだけで
(金メダルを取り上げる事をしないで)
微笑んでいられるのです。
そして要求が何なのか解る時は
それが与えられるのもである時は惜しげなく与えます。
要求が通って満たされて泣くのが終わる時もあれば
泣くのに疲れて泣くのが終わる時もある。
どちらにせよ気がすんだら泣くのは終わります。
ちょうど金メダルを取った選手が
いつまでもいつまでも泣いてはいないのと同じく
感激が表現しきれて気がすんだか涙は止まります。
心配なんて初めから必要ないんです。
そう、まさにキミヤさんが書いた
>全く問題などないと認識
して接する事が一番大事なんだと
実体験を通じて私は思いました。

「本当の意味では救えない」わけです。
そして
本当の意味では
「救わなきゃいけない人間など誰一人居ない」
のだと私は実感しています。
「全員そのままで完璧」
と何万回聞いて腑に落ちていても
幻想に騙されしまい「困ってる人間」が居るように見えてました。
でも騙されて良いんだよね。
騙される事で「嘆き」や「優しさ」などの愛を表現出来るんだし。
同情だって良いじゃないですか
本気で自分を救おうと思って居る証しですよ。
でも本当はもう救われている。
目覚めなくたって良い。
そのまま
本当にそのままで
人間は全て救われてる。
だから他人と思う目の前の人が苦しそうに見えても
それを
「自分の手放しがまだ十分出来てないせいだ」
と意味つけしないでも良いような気が私はしてます。
そう意味つけする事で気分が良いのでしたら
勿論それで良いんですけどね。
選択の自由は常にあるという事が言いたいだけです^^
手放しはやり続けた方が良いと私も感じるし
ずっとやってます。
でもその方法にすら頼り過ぎないで
ただただ感情を味わう
というのが私達が分離してここに居る意味のような気がしています。
だからサークルは言うんです
「評価や批判を手放し ただ味わって・・・
 あなたのハートにヒビクものがあればどうぞ受け取って・・・
 そう感じられないのであれば どうぞ手放して・・」
これなんです、これしか無いんです。
でもね
嫌な気分なんてもうじき味わえなくなるんですよ。
だから嫌な気分が本当は大事なのかもしれないんですよ。
だけどその大事なものですら執着する事なく
あっさり捨てれるのです。
(サークルに反発しろと言っている訳じゃありません)
捨てても捨てても捨てても
愛は拡大成長し増えていくんです。
捨てられないんです本当は。
愛はあり続けるんです。
幻想なんだと気づくと幻想が消えるだけなんです。
なので今見える状況はなんら変わらなくても
「苦痛に叫ぶ人」は一切消えますよ。
居ないんです、そんな人は。
少なくとも私の見えるこの世界には
一人も居ません。
ここに来たい人はすぐこれます。
今これを読んで「そうだな」と感じた人が
「苦痛な人、助けなきゃいけない人が居ない世界」
に住む人です^^
実体験で目の前に叫ぶ人が居ないから解らない
と思う人も居るかもしれませんが
「現実だ」
と思う事であれば何でも良いと思います。
悲惨な事故があったというニュースをテレビで見て
残された両親が泣いてる姿が写る事がありますよね。
それが「現実だ」と思えるならそれで良いんです。
その人は嘆き悲しんで見えますが
そうでは無く「愛を表現してるんだ」
と心から感じられれば腑に落ちていると思います。
しかしながら身近に「苦痛を叫ぶ人間」が居るリアルを
与えられた人がよりハッキリ理解出来ると思います。
私は本当にラッキーだと思う。
宝くじに当たるより超ラッキーです。
自分の置いたクリスタル、ナイスでした(笑)

とこんなに解っていてもですね
昨晩の夜中、娘が完全に起きてしまいまして
娘は元気に遊んでるからご機嫌でしたが
私は途中でマジで眠くて眠くて(笑)
もう耐え切れなくて横になってしまいましたら
娘に「寝るんじゃない!」と起こされました(笑)
眠いのに無理矢理起こされるのは
本当不快でしたよ(笑)
不快を感じられて嬉しかったです!あはは
もしかして
目覚めて居ない人
(自分を神と思う事にまだ抵抗ある人)
を無理矢理起こさないでも良いんだよ
っていうメッセージかもね(笑)
でも
昨夜は
私「眠いよー起こさないでよー」
娘「つまんないよー起きてよー」
が同時に起こったわけですから
メッセージは一つじゃないのよね。
やっぱり皆で一緒に楽しみたいから
「起きてよ〜目覚めてよ〜」
という気持ちもアリだよね。
しいていえばどっちもどーでも良いすね(笑)
選択の自由は常にある。
どれも正しい。
とにかく自分にとって楽に思える
ナイスな考えを採用していくだけです。
こだまなくらしサークルの言葉そのままですね(笑)
例え考えが違っても
それで良いんです。
無理に合わせたりしないで良いんです。
その違いを楽しみましょう。
違う者同士愛し合う事は可能なんです^^
5:ドキン:

2012/07/23 (Mon) 03:48:50

たまえさん


超ナイス!なシェアをありがとうございます。

たまえさんのお話で、私も沢山、理解できました。

詳しいことは改めますね。

まずはお礼まで。
こんなに丁寧に、お忙しいところをありがとうございました。
6:たまえ :

2012/07/23 (Mon) 06:34:32

ドキンさん


「ナイス」の気持玉を有難う御座います(笑)

私の「愛」を伝える機会をドキンさんに与えて頂いたわけで

私の方こそ御礼の気持ちでいっぱいです^^

気持ちが伝わって凄い嬉しいです^^


ドキンさんこそ御母様のお世話等

お忙しいと思いますがコメント有難うです!

もしよければこの先もマイペースで良いので

定期的に色々とお話聞かせて下さると嬉しいなぁ

と私は思っていました^^

日々お世話されているドキンさんは

物凄く色々な気づきがあるんだろうなと思うんです。

それを書いて下さると嬉しいです^^

書きたい気持ちになったら是非お願いします!

勿論急がずマイペースで(笑)



こだまさーーーーん!!

ドキンさんの書き込み全てを通して見てたら

「私がこれから書こうとしてる内容そのもの」

というのがキタよ(笑)

やっぱりサークルに実際に参加する事は

見てるだけより変容は早いね^^

>「こだまなくらし」に参加することでこの俯瞰と変容が早くもなります。

本当にそう思うよ〜

「参加する事に意味がある」なんていうありふれた言葉が

真実と思える。

今の社会は確かに制限だらけで

「なくしていきたい」と以前は思ってたんだけどね

今は「参加する事に意味がある」だと感じてるんですよ。

混沌とした社会に参加したからこそ「気づき」があったわけで

参加しなきゃ解らなかった。

だからこの混沌とした社会も素敵なクリスタルね!

社会に参加するor参加しないも自由だけど

参加すると変容は早い(笑)

だからココに皆来たがるんだろうね〜

こだまなくらしサークルに参加して良かった^^

心からそう思う。



まだ書いてないけど

何となくもう満足気味(笑)

でも書きたいから書くね^^
7:ドキン:

2012/07/24 (Tue) 18:27:37

たまえさん

今日はもう母をほっといても、自分の探求に時間をとってしまわないと、
母とい続けるのが難しいので、こうしてレスを書いてしまうことにしました。



>娘の要求に答えてあげれない事への罪悪感
自分がいたらない母、いたらない人間だと感じていて
それが苦痛の原因だったんです。
言い方を変えますと
自分の苦痛の原因は自分へ批判だったわけです。


これ良くわかりました。たまえさんは母の立場ですが、私は娘として母に対して
至らない娘ではないか?という罪悪感を感じて苦痛を感じていたのでした。

>「感情のまま全身で表現する」

この一言に、は!っとしました。
そうか、母はただ自分の感じたいことを全身で表現しているだけなのだ。

>金メダルを取り上げようとしてる
ほんとにそうですね。ただ今表現している母をそのままに受け取ればよかったのだ。


とはいえ、このような気付きがあって、繰り返し、繰り返し(手放す)としていますが、
またすぐに次の瞬間には同じ罪悪感に飲まれて、暗い気持ちに戻ってしまう自分もいます。

たまえさん、ありがとう。
とても参考になったし、おかげで随分と気が楽になってきました。

介護と子育てを同じに表現される方が多いのですが、まだどうしても
介護のほうが大変だよ、という比較し、ジャッジする自分がいます。

なぜかというと、
子供の泣き叫ぶ状態も、親にとっては
たまらないものであると思います。

が、飽きれば泣きやむし、疲れても泣きやむし、いずれにせよ
時間の問題で泣きやんでくれると思うのです。

しかし、介護は止むことなく「痛い」といい続け、一瞬のゆるみがあっても
また次の瞬間もまた痛いといい、そしていったん痛いに支配されてしまったら、
オムツを替えることもままならなくなり、そうなると
子供のオムツだって、それなりに臭うものですが、
相手は大人ですから、これはこどもの比ではありません。
(量がおおいわけで・・・)

そして、子供ならば時にその無垢で温かな笑顔が、百万の喜びとなって
それまでの苦労を吹き飛ばし、愛を届けてくれるように思います。

ところが、介護はやってもやっても。目の前の母は何をしても出てくるのがぼやき。
痛みが無いときは、ぼやき。ぼやきがないときは痛みを訴える。
終わりの見えない苦しさを投げかけてくるのですが、全く私の創造は、
今、見事に絶望的なホログラムを体験したかったんだなーと、
半分あきれつつ、俯瞰を試みている段階です。


たまえさんのお話に沢山ヒントをもらいました、
金メダルと思って、母をみまもるようにしますね。

なにせ、もうすぐこの感情を感じることなど
できないのだから。笑


沢山のはげましをありがとう。
シェアに救われました。
8:たまえ :

2012/07/25 (Wed) 15:07:17

ドキンさん、お忙しいのに書いてくれて有難うです!
ご飯が食べれたんですね〜
それ聞けて私は嬉しかったです^^
ま、食べたくなければ食べないのもアリだけどね(笑)

この世界は全て幻想です。

そう言ってしまうと全て終わってしまうので
これはあえて置いておきますね^^;

この見える世界(幻想)をあえて「比較」するのであれば
子育て<<<<<<<<<<<<<<<介護
子育てよりも何百倍介護の方が大変で辛いものだと私も思いますよ!!

金メダルとって泣く=不快で泣く
という視点だと
子育て=介護
だと表現したまでです(汗)
見える世界で一緒だとは私は思ってないですが
私がそう言っているように感じてしまいましたか?
誤解を招く表現ですみませでした^^;

私は義父の介護をしていた義母から話を聞いていた事があるんです〜
脳梗塞で倒れて話が出来ず動くのが困難で
しょっちゅう発作を起こしては入退院を繰り返し。
下のお世話も大変。
義父は
「こんなに家族に迷惑かけてる自分が嫌だ
 いっそのこと殺してくれ」
と言っていつも泣いていたそうです。。。
義母はとっても苦るしいと言ってました。
そして義父は亡くなりました。
私もその義父の葬式の後に離婚しまして
もう過去の出来事となりました。
(今は別の人と結婚してます 笑)
なので比較するなら子育てより介護の方が絶対大変だと本当に思いますよ。
ドキンさんのジャッジは
幻想に騙される視点からは私も同意です(笑)
合わせて嘘言ってるわけじゃないです信じてね^^;
ドキンさんと全く同じ辛さは経験ないので
本当の意味では解りませんが
終わりの見えない苦しさを投げかけられる現状は
悟ってるドキンさんをも騙してしまうほどに
相当の威力があるんでしょうね。
子育てと介護を一緒もカテゴリにしてしまって御免なさい!
私の表現、解りずらかったですよね(笑)
でも言って良かったと私は思ってます^^
私が話したからこそ

>介護のほうが大変だよ、という比較し、ジャッジする自分

に気がつけたんですものね!
これは大事な気づきだと思いますよ
そしてこうして素直に思った事を書いてくれたおかげで
また私の体験を書きたいという気にさせてくれました!
本当に有難う御座います^^

>金メダルと思って、母をみまもるようにしますね

と決めているわけですから
もう既にそう出来ているわけですよ。
私から見れば完璧で、とってもポジティブに見えますよ!!
幻想の前で少し騙されてしまうだけなのは
皆一緒ですよ〜
私も幻想に騙される時ありますよ(笑)
何度も何度も騙される。
でも自分の感情を常に意識してると
騙されてる事に気がつくの早くなりますよ♪

ひとりじゃないよ^^
また騙されたら話聞かせて下さい!!
是非是非〜
比較の話で面白いネタがあるので
それは別スレッドに書きますね^^

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.