58019

★愛に還る(目覚める為の)「こだまなくらし」BBS★ サイト・動画・ブログを見て聞いてください 覚醒が目的のシェアリングの場です


初源的分離体験

1:ドキン:

2012/09/04 (Tue) 02:07:34

初源的分離体験

以前、「感謝」と聞くと、すごく嫌でした。
色々な本に書かれているし、ここ、こだまなくらしでも「感謝」は祝福になると
あります。
だから感謝をささげることは、自分を前進させる力になる、願望の実現化を早くする。
そういわれても、私は「感謝」にまつわる、嫌な印象を持っていたのでした。
これは多分、3歳くらいの頃のこと。
当時、祖母も一緒の家に住んでいました。
私の周りには誰もおらず、目の前には2升も入るおひつ(炊いたごはんを保存する容器)が。ふたを開けると、まだご飯が残っていました。

まだ子供だった私は、そのご飯を小さく丸めては、その辺にポンポンと投げて、一人遊んでいました。
それを見つけた祖母は大激怒。
お米には7人に神様が住んでいる。明治生まれでそれこそ貧乏で苦労している祖母は、食べ物を粗末にしたことが、いくら幼児といえど、どうでも許せなかったらしいです。

怒られるのは仕方ありませんが、怒りの収まらない祖母はお灸をすえると、私を押さえつけました。
千年灸なんてない時代です。ほんまもののお灸です。大の大人でも逃げ出す熱さです。
それを、何が何でもお灸をすえると、母と祖母の二人がかりで押さえつけ、両の足の親指の先にお灸をすえたのでした。

どんな謝っても、泣き叫んでも、お灸が燃えるまで止めてはもらえませんでした。
誰のおかげで食べられると思っている!感謝しろ!感謝しろ!
そう、怒りながら言っていた祖母。

この体験から、私は母に対しては、この人は私を守ってはくれないという不信感を強く抱きました。また感謝という言葉を聞くと、何が何でも押さえつけられて「恩を感じなくてはいけない」と強制されるようなイメージが出来上がりました。

今なら、虐待といわても仕方ないくらいの、苛烈なせっかん。

これね~、とても古い記憶だし、埋没していて気がつかなかったんだけど。
これがいたから、スピに目覚めて手放し始めても、最初の頃は「感謝」という言葉を
聞くのも感謝をささげるのもすごく辛かった。

といっても、今はもう手放せているので、ここ近年は忘れているようになってたんですが、神さんのスレッドに「やさしさに包まれたなら」を書いているうちに、ふっと色々なことがつながって。

10歳以下の子供時代に、たいてい手放そうと思ってきた課題のやり直しというか、そのための分離体験をするらしいです。
いわゆるカルマの命題ってものを体験するらしい。

これって、その典型だったな~と。

これを基点に母への不信感という分離感情がつのっていったな~と。

なんかそういうことだったなぁと、改めて感じて書かせていただきました。

うん、こうやって人は分離を体験していったんだね~、あはは~。
2:たまえ :

2012/09/04 (Tue) 23:35:05

>10歳以下の子供時代に、たいてい手放そうと思ってきた課題のやり直しというか、
>そのための分離体験をするらしいです。
>いわゆるカルマの命題ってものを体験するらしい。

なるほど!そうかも〜
確かに私も親のせっかんから母とそして社会への恨みが生まれました。
異性と仲良くする事への抵抗も、性への罪悪感も幼い頃の体験から生まれました。
普段は全然忘れてるんですが、初源的分離感を思い起こされるような体験が
この何ヶ月間に次々と襲ってきました。
かなり何度も死にたくなりました。
そして根こそぎ愛に還しました。
初源的分離感を愛に還す体験は自分的にはけっこうキツかったです(笑)
キツかったけど、やっぱりそれがなきゃ越えられなかったと感じるので
今は体験に感謝しています。

自分のイシキが早く分離感をなくしたくてキツイ体験を創造した。
そんな風に感じています。


それにしても・・・
「感謝」という広く一般的に「良い言葉」とされてる(と私が意味つけていた)
言葉でもドキンさんのように抵抗を持っていた方がおられた。
これは私にはとても興味深い事です。

「言葉の意味付けは無限である」

と感じずにはいられません。
自分とは思えぬ他人が表現する言葉をどう捉えるかは自分次第。
他人がイメージして使ってる言葉の意味を自分の感覚でしか捉えられないので
イメージはそのまま伝わってるとは限らない。
言葉の意味を履き違えてる場合は往々にしてありますよね(笑)

やはり自分の感覚でしか捉えられないのですから
見える世界は私が創っているとしか言い様がありませんね。
話がズレちゃってすみません^^;

話ズレついでに・・・

スマイルのナットキング・コールVer聞きました!!
ドキンさん有難う〜(ここでお返事良いですか?)
ゴージャスで良いですね!!!
私、ナットキング・コール大好きです^^
3:まきえ :

2012/09/05 (Wed) 07:47:22

私もあるよ。
私の場合は、
「そんなことしたら、取り返しのつかないことになる・・・」
というのと
「他人に迷惑をかけてはダメ」
というの。

「取り返しのつかないこと」って、
今から思うと、そんなものない、って言えるのだけど、
幼い頃に、繰り返し聞いた言葉は、
その後、長年にわたって
自分の中に漠然としたビクビク感を植え付けることになりました。

もう一つは、
「他人の迷惑」っていうの。
これも、どの人がどんな迷惑を感じているのか、
さっぱりわからないのに、
想像豊かになってしまって。
バーチャル「他人の迷惑」によって
自分を制限して、制裁して。
いつのまにか、自分の価値基準が、
自分の源が感じる感覚より、バーチャル「他人の迷惑」の方が
大きくなっちゃって。

初源的分離体験って、私は初めて聞く言葉だったけど、
感じとしてよくわかる。

でも、結局、その後の人生は、
多くのバーチャル「取り返しのつかないよなこと」をして、
めいっぱいバーチャル「他人に迷惑」をかけて、
その幻想なのかで、
自己嫌悪やら後悔やら罪悪感やらにハマって。
私も、けっこうやられました。

でも、その分離感あっての、感情の体験でしたし、
手放す課題のクリアでした。
今も燻っている様々な感情も、わざわさ分離感を体験するための
手の込んだ幻想だとすると、
まったく、その想像力を褒めてあげたいです。
よくでしました。
おかげさまで、手放すべきこーんな感情をいっぱい味わっていますよ~

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.