58021

★愛に還る(目覚める為の)「こだまなくらし」BBS★ サイト・動画・ブログを見て聞いてください 覚醒が目的のシェアリングの場です


【こだまな】何でも雑談スレッド【くらし】

1:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 03:12:45

なんでもありな雑談をしましょう。
2:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 03:44:14

なんでもって、って言われると難しいよね。笑

そういえば、最近「イルマーレ」という映画見ました。キアヌ・リーブスと、サンドラ・ブロック主演。

2年というタイムラグに阻まれる恋人たちのお話。

現実の実相感って、こういうもんでは?というのを感じさせてくれる映画でした。

タイムラグを挟んで形成される人間関係。

過去と未来が平行現実として存在するのを客観視して「今、ここ」から眺めるとこんな感じ?
と感覚的に理解の助けになる作品だと思いました。

ストーりーなぞはこっち見て
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9295/index.html

ああー、何を書こうとしたのか。深夜で頭回らなくて、残念。また明日。



3:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 03:51:03

ドキンちゃん:

ああ、そういえば最近全然映画見ないやw

ネットで見たのが邦画の3流作品だった。
タイトルは亡国のイージス。これ、数年前に見たんだけどやっぱり駄作だったよw
4:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 10:08:39

そうですか?亡国・・・は映画館で見てしまいましたが、邦画にしては迫力ある作品だとおもいましたよ。

さすがは自衛隊全面協力!って。
映画見た後、原作読みました。原作に忠実につくってあって、ただし原作の伏線があの時間内では
描ききれていないので、その辺が消化不良ですよね。
原作だと、真田さんの役はもっとボテボテ太ってる不細工なおっさんをイメージするから、原作者も真田さん
の配役に抵抗を感じたらしいです。原作からすると六平直政(むさかなおまさ)さん辺りが、ぴったりです。

が、あの年齢であれだけのアクションを自分でこなせるのは、日本じゃ真田さんくらい。
吹き替え無しなのも素晴らしい!ですよ。

女スパイの存在などが、読むものと、見せるものの違いで、伏線が見えない分、なんだかなぁになってた。
でも「ローレライ」より絶対いいです。www

母が延々とテレビを見るので、それを阻止しようと最近はビデオを借りるようになりました。
テレビだとCMが沢山ありますけれど、それこそ潜在意識にどんどん(老けろ~、年取れ~、死の恐怖に備えろ~)以上のような
ろくでもない情報がダダ漏れに入ってくるのにうんざりして。

んで、これはついでに見たかった映画として、松たか子の「告白」を見ました。

それこそ、分離感情の負の連鎖がよくわかる~。

最初の分離感情のウンコを投げたのは誰だったの?そして、それを分離感情で受け止め続けたらどうなった?

そんなことをはっきりと知らせてくれる映画でした。告白を見終わって、なるほどR-15指定になるわけだと思いました。
エロはないけど、感じやすい年齢の子には、かなり衝撃的かもね。と思いましたから。


5:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 10:43:50

亡国はね、あのヨンファが「よく見ろ日本人、これが戦争だ」ってセリフを吐くじゃない?
で、おめえに言われる筋合いじゃねんだYO!って突っ込みたくなってね(爆)
まあ平和ボケしてるから、って意味なんだろうけどさ、
ほんの60数年前に世界中を相手に大立ち回りした日本を忘れてもらっちゃ困るぜ?
って思ったよw

で、時代はものすごく変わったと思ったのが、艦長の要求だった。
あの論文を新聞発表すること、とか、殆ど漫画だww
え?それが要求??みたいなw
と言うか、あれと田母神論文がかぶって個人的には面白かった。

>テレビだとCMが沢山ありますけれど、それこそ潜在意識にどんどん(老けろ~、年取れ~、死の恐怖に備えろ~)

保険のCMとかビックリするくらい脅すよね。
被害者としての意識を構築し、それで金を出させようとしてる。
この社会はほぼ錯覚(エゴ)を前提にして成り立っているから。

ウンコの投げ合いは去年、弟子のたまえに話したことがあったなぁ。
6:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 10:46:08

松たか子の「告白」は面白そうだねぇ。
DVD借りてみるか♪
7:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 10:53:13

ああ、いま気づいたけど、ヨンファのセリフは人によっては一種の解放だな。
戦後日本が嫌と言うほど受け入れた観念は「戦争恐怖」だったから。
あとは虚構の戦争加害罪悪観念(WGIP)。
根こそぎリリースした方がいい。
8:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 11:46:50

>まあ平和ボケしてるから、って意味なんだろうけどさ、

んー確かに。でもさー、原作の福井さん自体が「戦争知らない子供たちさ~」ってお歌があったの知ってます?くらいな世代なんだから、平和ボケを自覚しろ!って入れたかったんでしょうね。www

>あれと田母神論文がかぶって個人的には面白かった。

これは言わんとするところが、わかる気がする。www

>保険のCMとかビックリするくらい脅すよね。
被害者としての意識を構築し、それで金を出させようとしてる。

薬のCMとか、すごいですよね。風邪引け、胃酸を出しまくって、胃癌か、食道癌になれ~とか。
ボケのCMもあるし。全く、あらゆる方角から、脅しが入ってくるのでつくづくろくでもないな、と。
これだから、TVを無意識状態で見てたら、歳食うのも当たり前なんですよね。意識的であることを、自覚していないと。サブリミナル使わなくたって、すでに十分催眠かけまくりだもん。

>ウンコの投げ合いは去年、弟子のたまえに話したことがあったなぁ。

どんな話でしょう?www
9:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 11:48:40

「告白」お勧めですが、他に妻夫 聡の「悪人」もお勧め。被害者の女の子が、いやーな子なんだわ。
映画の内容としては、過疎地域の青年の悩みに満ちている。www

>7
はそうですね。根こそぎリリース!臭い物は元から絶たなきゃダメ!の大本からリリース!www
10:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 11:58:02

嫌流で思い出しました。

在日韓国人の友人がいまして。以前から遊びに来てといわれていましたが、介護生活のストレス開放のため、
今年の7月に出かけてきました。友人は日本語ペラペラだし、日本で育っているので、ほとんど日本感覚。
国籍を選ぶという年齢になって、祖国に生きたいと、今は向こうで働いています。

実際に街を歩いて面白いのは、ほんと40年前の日本みたい。
ゴミは集積場所に、てきとーに投げ捨てるように集まっているから、生ゴミが臭気を放って、相当汚い。
繁華街の道路もボロボロゴミが落ちているし、なにより道路がボコボコで穴だらけなんですよ。
一応舗装してあるんだけど、何度もホックリ返しては、そのまんまの道路が多い。
なので、ちょっとわき道にはいると、交通量が少ないからなのか、余計に道路がボコボコ。

そして、若いおねーちゃんたちの化粧が濃い!まるでお面のように塗ったくってます。www
テレビを見ると、ニュースキャスターとか、リポーターさんみたいな人のファッション、
化粧が日本のバブル期そのもの。

メイクの特徴として、眉毛が一文字のようで、ボーボーで濃い。(かつての石原真理子とか、浅野温子、小林麻美みたいな眉毛)に真っ赤な口紅。
そして、肩パッドの入ったスーツやブラウスに、ハイウエストのタイトスカート。
ヘアスタイルも、日本のバブル期みたいに、前髪をカールして持ち上げ、編みこみで髪をまとめたり、バレッタで止めたような髪形。
まさしくタイムスリップしたかのような感じ。

後、超びっくりだったのは、整形大国とはきいてたけれど、街の中に整形の広告があふれているのに驚いた。
バスの側面の広告にbefore、afterの写真が堂々出てたり。地下鉄から地上へのエスカレーター横に、やっぱりbefore、afterの巨大写真とか。

向こうのテレビを見ていると、出てくる女性の顔が、綺麗だけどみんな似通ったような顔なのにも不思議に思って、
友人に聞いたら、まあ十中八九整形していて、現在の流行の系統で同じ様な感じに直しちゃうらしい。結果、同じ様な顔が大量生産。www

鼻が高いというか、女子にしては大きくない?と思う芸能人多いのですが、みんなやってるかららしい。
そうだよねー、私の子供頃の韓国人ってきくと、結構のっぺりした顔の人達の印象強かったもん。


日本で言う、原宿・青山みたいな場所に行ったとき、友人と入った店で外を見ていたら、車で店の中をうかがう若い女性。
その顔見た友人、「あの子やってるわ」そういわれて、マジマジ見ていると、確かに目も鼻も、あと輪郭系統もやっていそうな顔立ち。
滞在3日も過ぎると、ああ治した顔の子だって判るようになりました。爆

それと、韓国では整形を誇りのように思っている。「私は整形できるくらい財力があるのよ!」という
自慢が入るので、日本みたいな、罪悪感無し。www

日本のテレビに最近見かける韓国の占い師で「さかなちゃん」て女性がいますが、
先日、さかなちゃんのお宅訪問みたいなリポートの中で、いきなり整形していることをカミングアウト。
さかなちゃんは、とっても韓国人らしい人なんだな~と思いました。

そして、あの方(韓国)の国民性って、恨みが文化のベースにあって、
更に黙ってたら損をするという考えのかたがたなので、クレーマー社会のようでした。
日本より安く楽しめるからと行った、ネイルサロンで、私たちがやってもらっている最中に飛び込んできた若い女の子。
他の客(私たち)が施術を受けているのなんておかまいなしに、ぎゃんぎゃんクレーム言って、直させていました。
なんだか、国民総当たり屋みたいな国民性なのねと思うと、韓国の日本に対する攻撃も、それでなんですねぇって、納得できました。

あや。映画から離れちゃったよ。www
11:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 11:59:22

ところで、ビル・マーレーはお好きですか?

ビル・マーレーの「おつむてんてんクリニック」って、彼の映画の中で一番好きなんだけれど、その辺のツタヤでは置いてなくて。買うしかないのかね~?精神分析をおちょくった映画で、超笑えます。
12:たまえ&メッセージ :

2012/10/15 (Mon) 16:40:04


>>ドキンさーーーーーん!!

私も「イルマーレ」観た事あります^^

>過去と未来が平行現実として存在するのを客観視して
>「今、ここ」から眺めるとこんな感じ?
>と感覚的に理解の助けになる作品だと思いました。

そうですね!そうですね!
そんな感じしました〜

そういや
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの組み合わせは
「スピード」と同じでしたねぇ

(´∀`*)ウフフ
ドキンさん、嬉しいです本当有難う♪
13:たまえ&メッセージ :

2012/10/15 (Mon) 16:55:55


>>1
白井先生

雑談スレ立ち上げ有難う御座います!


白井先生お薦めの福本伸行さんの「カイジ」の動画貼りますね〜


「ヘビでいてくれて、ありがとう by カイジ」
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=c60lybUlWuI

人間のエゴを描写が凄いです!
相手は鏡だって事が解り易い描写で描かれてますね。
14:ドキン :

2012/10/15 (Mon) 19:03:28

たまえさん

>キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの組み合わせは
「スピード」と同じでしたねぇ

そうか。サンドラがちょっとおばちゃん化してるので、不思議な組み合わせのように思っていたけれど、
スピードで一緒でしたね。ちょっとおばちゃん化したけど、それでもサンドラのロングへア姿は可愛かった。


URLありがとうございます♪
カイジ見たこと無かったです。
地味~な画面ですが、確かにエゴの声ってこんなだよなぁ。笑
今度借りてみよう。

紹介ありがとうございま~す。
15:神くん:

2012/10/15 (Mon) 22:46:23

>>白井さんスレ立て乙です!

>>ドキンさん、たまえさんこんばんは!


こちらは只今夜勤中です。
いいなあ、僕も雑談混じりたい…
な、泣きそうだw(T_T)


ちなみに僕のお勧めは『今を生きる』という80年代後半のハリウッド産学園映画です。

ストーリーは規律の非常に厳しい全寮制の高校に赴任した型破りな詩人教師が主人公で、その詩人教師に影響を受けた生徒達が権威的な教師や親に強烈な制限を受けながらも、恋や友情に解放を求め生きはじめるという物語です。
初めて観たのは小4でしたが笑いと涙が止まりませんでした。

TSUTAYA等で見かけたら是非お勧めの一作です。


あああ、もう行かなければw


ところで皆さんの好きなアーティストベスト3て誰ですか?


あああ、もう行かなければw
16:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 22:48:50

ドキンちゃん:

韓国のお話、面白かったww
私は東アジア情勢や歴史にかなり詳しい人間でしてね、ここで色々書き始めると、
殆ど批判みたいになるのです(爆)

>国民総当たり屋

あははwwww
全くその通りww

ひとついえることは韓国は日本にとってある種の鏡になっている、ってことです。
あの地域の錯覚は非常に深く、必ずエゴで返して来る。
国家丸ごとエゴと言ってもいい。
それに対し日本はまーまー国家なので(笑)、意味不明な配慮外交をやってきた。
また無根拠な加害意識があるので尚更譲歩してきた。
これが更に彼らの錯覚を深めてきたのでした。
これは日本の国内問題です。

韓国映画で非常に印象深いものがありました。
たまたま原語で検索するとヒットしました。
『われらの歪んだ英雄』です。
http://www.youtube.com/watch?v=t1LCKSmtr2M

日本語幕版です。
編集が下手なので(7/8)は3:41まで飛ばしてください。
17:白井亨 :

2012/10/15 (Mon) 22:50:48

ビル・マーレー、知らんとです(´・ω・`)

さあ、雑談雑談~
18:白井亨 :

2012/10/16 (Tue) 00:03:29

神くん:
お仕事おつ~☆

『今を生きる』、見た見たwww
でも内容忘れた(;´∀`)

たまえちゃん:
福本作品ならこれも面白いよ。
というか代表作だ。
http://anime.xce.jp/video/x4h52c
http://anime.xce.jp/entry/akagi
19:ドキン :

2012/10/16 (Tue) 02:11:54

>白井さん

楽しんでいただけて幸いです。
って、韓国話が止まらない。www

韓国はね、特別韓流ドラマが好きたったとか、韓国に遊びに行きたいとか、そういう思い入れが
一切なかったので、返ってカルチャーショックが面白かったです。

ハングルの文字が、記号にしか見えず。笑
たまに漢字の表記があるんだけれど、今の若い韓国人は、漢字が読めないそうです。

日本でいうと原宿、青山に相当するところを歩いていた時に、発見した漢字に笑った。
「毛友 植毛 専門」とか「整形 美容 中心」なんて書いてあり、垂れ幕が下がっているビル。
何かと思ったら、男性専門の美容整形のビルでした!笑

そう、男もやるんです。O(≧▽≦)O
確か、ノムヒョン大統領だっけ?瞼が下垂するからと、整形しましたよね?

あとねー、ヒュンダイという財閥がかなり韓国経済をにぎっているとみえ、車から
デパートからその文字を見ることができました。
走ってる車の80%はヒュンダイだった。

そうそう、韓国では車の色は黒か紺がメイン。それ以外はほどんとない。
聞いたら、その色以外はみんな「ダサい」と思われているらしいです。
その感覚がよくわからなかった。
友人が言うには、車のカラーのバリエーションがこんなにあるのは日本くらいだ、という話ですが
本当でしょうか?

そうはいうけれど、日本だって基本、黒とか白の車ばっかじゃん?ってきがしますが。
ともかく、韓国の女にもてたかったら、黒か紺の車じゃないと、車見た瞬間に帰るそうです。(*≧∀≦*)

とにかく、今の韓国って、日本で言うバブル期みたいなもので、みんな豊かになったよ?!って
感じに酔っているらしい。

それによってかなり格差が広がっているみたいだが。

20:ドキン :

2012/10/16 (Tue) 02:15:48

続き


そうそう。タクシーに乗っていて、行けども行けども景色が変わらないような気がするのに驚いた。
川を中心に道路が出来ていったようなんです。
景色が、川背景、建築中マンション、高速道路の3点セット!なもので、(メ・ん・)?移動した??してない?
と目を疑う感じだった。

今の韓国、建設ラッシュとかで
あっちでもこっちでも団地のごとく、マンション建設が進んでいて。だだっぴろいところで、
巨大クレーンが稼働しているのが見える。それが、あれ?さっきみたのに、またいる?
って寝ぼけているのかわからなくなるほど。
それも一箇所に
20階建てくらいの高層マンションが、4棟から6棟くらいでまとめて建てる。

さっきも見た。光景が次々現れるが、背景の山とか都市とか
変化があまり見られないために、あれ?同じ?という錯覚を起こすのでした。

韓国は地震がないそうなので、マンションといっても。あ!!ちゅう間に建つんだとか。
今は雨後の筍のごとく、ボンボンあっちでも、こっちでも建ててる最中らしいです。

韓国に行って、ホテルには泊まらず、友人宅で泊まったので、その分韓国の住宅事情もわかった。

とにかくね、バスタブとういか、湯船っていうもの無い。どうやらお湯に浸かるってことが
もともとないみたいなんですよね。

友人宅は独り者のの1DKだから、ユニットバスかと思いきや。
これが、トイレと洗面。ここまでは日本と一緒だが、その洗面台のすぐ横に、(?_?)何故かいきなり
シャワーの口があるのに驚く。そして、バスタブは無し。

つまり、シャワーしかないのです。それも専用スペースをとってないので、
洗面台の前にたつと、その足元に排水口がる。

こんな状態なので、シャワーを使うたびに、トイレットペーパーが濡れるような感じ。

友人の同僚夫婦の家に行かせてもらったのですが、そのときにも、広さのわりに
湯船がない。

夫婦もので2DK位の家に住んでいました。トイレと洗面、バスを兼ねたスペースは
トータルで6畳くらいあるような広いスペースにもかかわらず、湯船がない。
シャワーの取り付けてあるところだけ、まるで床の間のように
畳一枚分のスペースが十五センチくらい床が高くなっているけど湯船なし。

なんともΣ(゚д゚;)の連続でした。www
21:ドキン :

2012/10/16 (Tue) 02:41:49

>神君

お仕事(_´Д`)ノ~~オツカレー様です。

ロビン・ウィリアムのやつね。これって不思議とみたことないんだよな。

それと同時期の【グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち】のが個人的に軍配があがるけれど
せっかくお勧めなので、見てみよう。

そういえば、エッセイストになりたいと言っていたような・・・。
だったらば、映画はたくさん見たほうがいいんでないかい?

一番お手軽に、人生勉強できるよ。

それと、教養として昔の映画は見ておいたほうがいいかも。

有楽町のヨドバシカメラのテレビの売り場でのこと。
60インチの大画面に
美しい女性がこっちへ歩いてくる映像が出ていた。

薄いグリーンの裾の大きく広がったドレスから、時代が古いことがわかる。

ああ、あのあ映画か。と少しうっとりして眺めていると、後ろから若い女の子の声がする。
「(≧∇≦*)きゃーキレイ!でもこの人誰?」

ビビアン・リーだよ!ヽ(`Д´)ノ

「風と共に去りぬ」くらい知っとけ!!ヽ(`Д´)ノと思うのは私だけか?


映画らしい映画にして、ハリウッドの栄光がよくわかる映画でもある。
扱ってるのも南北戦争。
前後編のナガーイ映画は、昔は結構あったよね?白井先生!!

レット・バトラーはカッコイイし、ビビアンはやっぱり最高峰の美人だ。

古き良き時代の映画は詩情がある。

最低限知ってて欲しい映画だよな~、という希望的観測。





22:ドキン :

2012/10/16 (Tue) 03:01:05

>ビル・マーレー、知らんとです(´・ω・`)


(・3・) アルェー?

トッツィーがデビュー作で、代表は「ゴーストバスターズ」か「3人のゴースト」
あれまあ、幽霊ばっかりだね。
ゴーストバスターズの主演の3人の中で、一番調子いいヤツです、といえばわかるでしょうか?

ひょうひょうとして、とぼけた感じがいい味出している、ビルマーレー。


こだまさんと話している時に、ふと思い出したのはこのビルマーレーの「恋はデジャブ」
物語の中で、ビルはしがないお天気キャスター。

(アメリカでは、男性のお天気キャスターもいるみたい。それに、この映画の中の設定では
お天気キャスター兼リポーターのようだった)

このお天気キャスターが、ある地方都市に取材旅行に行く。
すると、【ある一日】に時間が固定されたように、同じ日が何度も繰り返される。

目が覚めると、10月15日!みたいなこと。
しかし、周りも同じに同じ時間に閉じ込められているならいいが、自分だけ
その同じ時間の中から出られないということに気がついた主人公は
何度も何ども、来る日も、来る日も自殺し続ける。

だけど、目が覚めるとまた同じ日の朝がやってきている。

そのうち彼は、その状態を受け入れ、その街で起こる様々なアクシデントを
全て知るようになり、それを次々に解消していく。

なにしろ、幾度も幾度も同じ一日をスゴいているのだから、隅々まで街を歩いて
街のできごとを知り尽くしている。

そのうち、ピアノまで習い始めるが、毎日同じ先生に習いに行くけど、
先生にとっては毎日新しい生徒となって現れるというわけ。

で、タイトルに「恋」がついてるのですから、ラブコメディです。
でもあんまり、女性と絡んで甘い空気の場面はないです。

ビルマーレーの飄々とした演技と、タイムパラドックスとはこういうこと?
という視点をもってお楽しみください。

結構おすすめです。


23:ドキン :

2012/10/16 (Tue) 03:06:15

訂正

スゴいている ×

過ごしている ○

(´・ω・)y--oO○ エート・・・他にもまちがってるのあるけど、これはちょっと見過ごせなかったので。
24:ドキン :

2012/10/16 (Tue) 17:30:44

雑談スレなのですから、映画以外の話でも。

白井さんは如何なのでしょう?
25:たまえ :

2012/10/17 (Wed) 12:43:22


>>ドキンさん

あ、乗り遅れましたが
映画の話むし返して良いすかね(笑)

>ビビアン・リーだよ!ヽ(`Д´)ノ
>「風と共に去りぬ」くらい知っとけ!!ヽ(`Д´)ノと思うのは私だけか?

若者は「風と共に去りぬ」知らないのかww
ジェネレーションギャップというやつですかね(笑)
私もビビアン・リー大好きです♪
クラーク・ゲーブルも素敵ですよね^^

私は映画と言えば

「スター・ウォーズ」

こればっか見てるオタクちゃんでしたwww
今は娘にテレビ奪われているのでなかなか映画見れないので
全然見れてないですが(笑)


あとね「ロッキーホラーショー」という映画が好きです。
あ、でもこれ変態っぽいので好き嫌い分かれると思います。
お薦め・・・とかではなく個人の趣味です(笑)
この映画の音楽が私は大好きなのですw


そだそだ
「月の輝く夜に」これも好きでした。
ドキンさん観た事ありますか?
私けっこうこの映画見て大笑いしましたよ〜
借りたい映画がなくて困ったら是非ww


>ウンコの投げ合いは去年、弟子のたまえに話したことがあったなぁ。

これなんですか
白井先生から頂いた当時のメール探したんですが見つからず(泣)
覚えてる限りをちょい書きますww

ウンコの投げ合い=被害者&加害者の物語

被害者も加害者も実はどちらも被害者。

ウンコを誰かに投げ付けずに、ウンコは自分で流そうよ

ウンコ投げ付けられたら投げ返したりウンコ食べたりせずに速やかに流そうよ

そして被害者&加害者の物語を止めようよ、って話だったかと。


>>白井先生〜

「糞ゲー」の話、上記の感じで合ってましたよね?
詳しくは白井先生に再び書いて頂きたいですwww
ヨロシクっす!


>>神くん

お仕事乙乙乙!

>好きなアーティストベスト3

むむむ
芸術ジャンル問わずなのかしら??

順番はつけられないけど3名あげるなら・・・

グスタフ・クリムト(画家)
フィンセント・ファン・ゴッホ(画家)
ジョン・ウィリアムズ (作曲家)

神くんはどんなアーティストが好きなんですか??
26:白井亨 :

2012/10/18 (Thu) 14:23:40

ドキンちゃん:
やっぱあの国はすげぇww

ウンコ投げの話はたまえちゃんの通り。
つまり加害者と被害者が交代でぐるぐる回ってるね~って話でした。

アーティスト、全くワカランwww
しかし好きな映画ならやっぱマトリックスだねぇ。
あとカンフーハッスル。これは実は仏教映画なの。
改めて見ると解るよ。

>雑談スレなのですから、映画以外の話でも。

映画あんまり詳しくないからありがたいです。

昨日友人を待っている間に来た気づきをシェアします。

存在感覚のベース、というワードが来る。
瞑想し、静かになりその存在感覚のベースを聞く。
そしてそのベースを手放し、更に深いベースへ移行する。
感情は思考によって惹起されるが、存在感覚のベースとは思考によらぬ、
いつも感じているある一定の気分のことである。
思考による感情の残響が思考を終えた後にも一定の周波数を持って響き続けている。
この存在感覚のベースが生き心地を決定し、現実展開のファンデーションとなっている。
退屈、孤独感、虚無感と言ったものは存在感覚のベースと言える。
なんとなく、ぼんやりとした、と表現される感情がそれである。
思考は感情を惹起するが、存在感覚のベースとなる感情は思考を左右している。
27:白井亨 :

2012/10/18 (Thu) 14:44:52

お笑いネタ(昨日見た夢)

イイ感じになった女性といちゃついている。
そこは何故か駅で乗降客が大勢見える。
その中にある友人を見つける。
仕事を終えて帰宅すべく改札から出てきたのだった。

「おお、おつかれ!」

するとその友人も「おう!」

といい、家路に向かった。
すると何やら忘れ物をしたらしく、あわただしく駅構内へと戻っていった。
そのときこれまた何故か、腰につけていた大き目のポーチを投げ置いていった。
(何だ、俺に見張れ、ってわけか?)

そのポーチを見張っていると中年男性がそれを拾って足早に歩き去ろうとした。

「おいおい!そら俺の友人のポーチだ」

「はん?俺を誰だと思っているんだ?●●会の●●だぞ?」

「それがどうしたこのヘボ助が!●●会の●●が置き引きしたってだけの話だろが!」

都合のいいことに目の前に駅前交番があった。

「来いや!」と彼の手を引っ張り交番へ向かった。

「おい!こいつぁ置き引き犯だ!」

すると巡査は「証拠がないぞ?」と言う。
私はそこである種の違和感を覚える。

「証拠はこのポーチの中身だ!これは俺の友人のものだからな」

ふと気づくと私の友人がその男の隣に立っていた。

(おっと!いけねぇ!)

そこで気が付いた。

終わりだ終わりだ!疲れてる!ちょっと寝るぜ!!

すると●●会のおっさんも友人も「そうだな、疲れてるみたいだよ」とか言う。
つまりハメられたのだ。

次に場面が変わり、小倉智昭アナが安倍ちゃんバッシングのカウンターを受けて
とくダネ!を降板することになった。
私はざまぁwと思っていたが、今度は視聴者から「小倉さんが居なくなるのは寂しい」
という意見が殺到した。
まあ気持ちはワカランでもない、そう思ったら何故か私が小倉降板阻止のミッションを
受ける羽目になっていた。

終わりだ終わりだ!疲れてる!覚めるぜ!!

瞬間、夢から覚めて思い切り笑った。
28:こだま :

2012/10/18 (Thu) 16:02:55

ちょっと夢でシンクロッたので書きます。

最近のことですが、ふたりとも(やまびこくん・こだま)酷い夢を見ます。
金を奪い合ったり、大勢で誰かをコロしたりする悲惨な・・・
執着と抵抗・・バッシバシの夢です。

夢での放出ありますよ・・・というお話が以前あったので、
もちろん起きてすぐのその感覚や感情を変容させますが、

「一体なんなんだ~~~」というくらいの非道者の夢や
難民の夢・・・その他よく覚えて無いんですが、
自分が当事者として参加してるともしてないとも言える感覚の夢です。

そう言えば、たまえちゃんも同じようなこと今朝言ってたな
まあ、夢の中のまた夢なのですから、
どうあろうとも、まったくイミのない話ですが・・・そんな近頃の夢事件です。

29:神くん :

2012/10/18 (Thu) 17:11:12


>>たまえさん


僕も風と共に去りぬは観ましたよ、僕はレッドバトラーの優しい曲者っぷりが好きでした。
ビビアンに関しては『素直になれよもうw』と親指を噛みながら観た記憶があります。

ちなみに僕が一番泣いた映画は『少林サッカー』でしたw
あれの後半全て僕の涙のツボなんですw
また誰にも共感されたことないですけどw

好きなアーティスト、たまえさんの方が芸術家っぽいですねw

僕はオールジャンルでいくなら

1吉井和哉(ミュージシャン元イエモン)

2西尾維新(ライトノベル作家、代表作、化物語)

3漫画家鳥山明、尾田栄一郎、山田玲司、羽海野チカ、他同着50名ですw

世の中好きな人だらけで困っちゃうw
30:神くん :

2012/10/18 (Thu) 17:24:27

>>ドキンさん

>そう言えばエッセイストになりたいと言っていたような


僕が一番なりたい職業は漫画家でエッセイストは2番目くらいかな?(いや、[なりたい]じゃ[なりたい]を引き寄せるから訂正→僕漫画家!)

夢多いんです、面倒臭くてすみませんw

映画は昔漫画家になる為の修行として1ヶ月50本ペースで観ていた時期があるんですけど、もう何せ[修行]ですから、ずっと[解体][分析][評価][再創造]の繰り返しで疲れはててしまいそれ以降観なくなってしまいましたw

心の解放も進んできたしそろそろまた観ようかな?

31:ドキン :

2012/10/21 (Sun) 11:38:50

たまえさん

スター・ウォーズ大好きですよ。
やっぱり、C3-POとR2-D2が好きや~。そして、ハン・ソロ。www
ルークとレイアが双子だったなんて、無理アルやろ!
とキャリー・フィッシャー(レイア姫)がいい加減オバサンになる前の収録でよかった。www

何かの作品で見かけたけれど、えらいおばハン化してました。悲しいねwww

ロッキーホラーショー確か見たなぁ。
オードリーっていう人食い花が出てこなかったでしょうか?

月の輝く夜に・・・は、確かシエールですよね?
あのジャケット、いつもビデオ屋で見ているのに、なぜか手に取ったことがないという不思議な作品でした。
面白いんだ、では今度見てみますね。


ジョン・ウィリアムズが好きなんですね。私も大好きです。
一番多くのヒット音楽を持つ、映画音楽作曲家ではないだろうか?
スターウォーズ
スーパーマン
ジュラシック・パーク
レイダース
ハリー・ポッター etc・・・

ほんと、綺羅星のごとくの誰でも知ってる映画音楽を作ってますよね~。
映画音楽だけのオムニバスCDを買ったことがあるのですが、ジョンの名前で埋め尽くされんばかりでした。
ちなみに、上記の曲も大好きだけど、追加したいのは・・・
「スペース・ヴァンパイア」のメイン曲。
これがいいのです。
(お?検索したら、tubeであったので、貼り付け
http://www.youtube.com/watch?v=CoMWSmSCKPQ
壮大でリズム感があって、尚ほどよく高まる緊張感というか。
映画自体は、わかりやすーいB級SFホラー。
あ、鑑賞はとくには進めないですが、音楽はいいのです。

わかりやすく、くだらなくて、結構好きだな~。

他にも言い出せば、きりがないけれど・・・
落ち込んだときに見たい映画で、マトリックスのスミスを演じている・・・役者名がわからないけれど、
あのスミスさんが、マトリックスで有名になる前に出ていた映画で「プリシラ」というのがあります。

おかまちゃん達のロードムービーですが、男の身体に女の心(思えば尾かまちゃんという存在はリボンの騎士、サファイアの逆バージョンなんだねぇ)
という存在は、真剣に生きれば生きるほど、どこかおかしみがにじみ出る。
しかし同時にその悲しさもあって。


女装の方々をクィーンと呼ぶそうですが、砂漠に咲いた毒々しいまでのドラッグ・クィーン。
オーストラリアの美しい大自然と不調和な調和がまた見もの。
それと劇中ショーがまた楽しい。扮装がステキなのですよ。
何回見ても、出てきただけで笑えるのが最高です!双子ちゃんがお休み時に是非。www

なにがあっても、今日も元気に踊っちゃうぜ!!という底抜けの明るさが、大好きな1本。
32:ドキン :

2012/10/21 (Sun) 11:44:05

白井さん

白井さん

韓国話、受けたみたいで嬉しいな♪
他にも思い出したのは、今、車を持つのがステータスのようなので、
勢い車の台数が増えているらしいのですが、時々、道路の真ん中で車を止めている人を発見。


追突か、もしくは割り込みで接触を起こし、警察を待っている?ような人が、浮島のように、あちこちに現れていたりして。
友人によると、よく見る光景だそう。

タクシー乗っててもね、とにかくみなさんごり押しに割り込みしてくるので、
基本、一般人もみんな運転荒いみたいでした。

そういえば・・・韓国行ったときに、全体の印象だけれど、
なんかこれがこうだとはいえないのだど、漂っている気の感じが殺伐としてい印象を受けたな~。

あとねー、お金の単位が日本円ほぼ×0.89円くらいなので、
たかがマックのセットを頼んだだけで、4300という数字を見たときは、ちょっとビックリしたけれど。お札自体の数字にもビックリだったけれど、その紙の質の悪さがまたおもちゃのようで。
外国の紙幣って、よりホログラムを感じられますね。

そうそう。向こうの男子は平均身長が高い。
そしてさすが徴兵制のある国。なんかみんなガタイがいいのです。
ちょうど、現在35歳くらいの年齢くらいから、一気に平均身長が伸びている印象なので、
その辺で食糧事情が大きく変わったのかな?と思いました。

後、日本のAVの影響で、日本の女子はすぐにできると思って、軽く見られるらしい。
ま、イエロー・キャブはいまだ健在らしく、その辺は日本人女子、もう少しなんとかならんのか?ですが。

同じアジアの同じモンゴロイド。
ちょっと見た目には同じ人種なんだけど、来ている服のセンスがまるで違うので、着ているの物で区別がつくというのもありました。

日本人観光客の女子は、日傘にレギンス。私が見てても、結構見かけて(ああ、日本人)とすぐにわかりました。
後、悲しいかな、日本人は歩き方が後ろから見てだらしない。
韓国人はギスギス歩いている感じ。www

ひざ下が長くて、足の長い人が多いのはきれいなんだけれど、後ろから見ると、
ほぼ80%X脚。日本人女子は80%O脚なことを考えると、これらの特長にも、精神の志向がどっちむきなのかよくわかる気がしました。

あとねー(止まらなくなった・・・)
和式の便器もあったのだけれど、面白かったのは、便器の向き。
日本だと、個室のドアが開いていたら、それに対して頭の方向が進入方向か横向きが一般的です。ビックリしたのは、便器の頭がドアに向かって設置されたものがあったこと。
これは日本では、洋式の便器で、非常に個室が狭い場合にそのようなスタイルは存在しますけれど、十分な広さがある、それも和式の便器なのに、個室に入って身体を反転っせねばならぬあの便器の設置方向には笑った。おもわず、写メしてしまったくらいです。www

あと、これはイイ!と思ったのは「コスメ大国」言われるだけあって、向こうの化粧品すごく良かった。安いし。
さすがに肌にこだわる国だけあって、化粧品はすごくいいです。
できることなら、定期的に買いに行きたいくらい。www


と、韓国話はこのくらいにして。
33:ドキン :

2012/10/22 (Mon) 02:51:34

話し変わって。
まだスピリチュアルなんて言葉が世間に認知もされてない、90年代の初頭に読んだ本を読み返したくなって読んでます。初代山口組組長長男、田岡 満がさんが書いた「魂世紀」。初版が1989年とありますので、もちろん絶版です。しかし、さすがアマゾン様。検索したら中古があったので購入しました。
これを初めて読んだときは、理解できない部分が多かった。特に魂の起源に関する、4次元以上の世界から見た現界の話しなどは、当時はちんぷんかんぷんに感じていた。しかし、今読んでみると、そうだったのか!が一杯。
1989年といえば、平成元年。今年は24年ですから、そろそろ四半世紀前に書かれた本ではありますが、その内容のすごさをやっと腑に落とすことができるようになった。
そういうことか!
そして、なかなかこの肝心なところに触れている情報は見ないので、こちらでシェアしたいと思います。




「魂世紀」から抜粋

肉体人間というのは、霊の側から見ると、実に不完全で、頼りなくて、鈍感で愚かな存在に見える。実際、古来よりなされてきた数々の霊界通信は、表現こそまちまちだが、要するに肉体人間は未熟だということを、くりかえし主張してきた。
しかしこの主張も、実は需要な一点を見逃している。肉体人間には、霊界その他の異次元空間に転移した霊的存在には絶対に得ることのできない、最も重要な特性が、本来備わっているのだ。だからこそ肉体人間は、この多次元空間宇宙内で唯一神界の見える現界に発生し、存在することが許されているともいえるのである。

(この抜粋部分より前の章に、「現界」つまり「この世」だけが、神を直接見る、知ることのできる次元なんだという説明がありました)


 では、その肉体人間のみが持つ特性とは何か?
 先に私は、魂は「神の通路」だと書いたが、ここでもう一つ、きわめて重要な事実を記しておく。
 魂の通路を通った神気――――あるいは“神の光”は、肉体身を通って出入りする。霊体でも幽体でもなく、この古来、罪穢れのかたまりのようにさげすまれ、非難され続けた肉体身を通してのみ、出入りする。

(ハート、源を感じることは、やはり神を感じるそのままだったのですね~)

だからこそ、肉体人間は、知性の面でも、悟りの面でも、数々の霊能面でも、感覚面でも、どのような点においても霊界霊に比べると劣っているのも関わらず、三千世界内でもっとも重要なポジションにいるのであり、あなたの前世である守護霊が、その全存在をあげて守護しているのである。
皆さんは次のことを、不思議に思われなかっただろうか?
霊界賛美者は、霊界ほど素晴らしい場所は無い、四ねば魂の永遠の幸福が待っていると口を揃える。それほど素晴らしい霊界にあったものが、何故不自由な肉体に憧れるのか?何故必死になって転生したがるのか?不浄だ、低級だ、波動が荒いとケチばかりつけているこの地球世界・・・肉体世界への転生を、何故渇望するのか?
 霊界人だけではない。なぜ自然霊は、ありあまる超能力を持ちながら、肉体に憑依したがるのか?肉体を持ちたがるのか?
 その根源的な理由は一つしかない。それは肉体身というものが、神の出入りする扉―――私のいう「自己扉」だからだ。そのことを、霊体や幽体、自然霊の本体は、十分に知っている。―――すなわち彼らの魂は、肉体身の意味を知っているのである!
 だからこそ彼らは、熱心に転生したがる。まして今、神界は開いた状態にある。魂の穢れを落とし、神の通り道のつまりをなくした人の肉体身は、神気を通しうる状態にある。これほど価値のあるものは、今の時点では肉体身以外ない。だからこそ激しい肉体身の争奪戦が始まっている。有史以来、類を見ない猛烈な勢いで人口が急増しているのである!!

(これが出版された、1989年当時は、まだ世界の総人口40億にも達していなかったように記憶します。しかし、まさに現在は人口爆発といってもいい、70億を超えたそうですね。そうまでして、この地球に生まれたいのは、やはり今この地球で起こっている状況が特殊で在り、また神へと還る、まさに千載一遇どころか、万載一遇、億載一遇のチャンスを体感しに皆々生まれてきているのですね。そして、まだまだ生まれたい希望者は沢山いるそうな。今、生きていることはそれだけでスゴイ事なのですよね。ありがたや~)

 こうした事実を、はっきり断言した者は過去一人もいなかった。なぜかというと、神界が閉じていたからである。私がこのことを知ったのは、たまたま神界が開いたという事実を知ったからに過ぎない。全くの幸運に過ぎない。

(この作者の一言には、サークルが大笑いしそうな表記ですよね。www
しかし、同時に作者の奢りも感じますね。「ただの偶然だ!」ということは、偶然の幸運に恵まれる才気のある、俺。おれって、グレート。俺って最高。
先日のイエスの話しの、まさしく「プライド」が声高に「オレの手柄!」といいまくっているのを感じますね~。つまり、田岡 満さんは、まだ源に「屈する」「屈しきってない」というのが見て取れますね~。www)

 しかし、今まで私が述べてきたことを、恐るべき感覚力で、ほどんど的確に感じ取り、後世、人に伝えた人物が有史以来ただ一人いた。その人こそ、本当の意味での覚者というにふさわしい。
 その人とは、釈迦であった。
 釈迦は「人身得がたし」と言った。


(得がたき、人身を得て。と言ったそうな)


 人身―――肉体人間としての生は、まことに得がたいものなのだ。しかしそのことを、本当に自覚しているものは、あまりにも少ない。いや、少なかったと過去形で言うべきだろう。なぜなら今、人類はようやく肉体身というものの重要性に――いまだ潜在意識のレベルとは言いながらも―――気付き始めたからである。
 人間が肉体身に目を向け出したという事実は、魂の消滅という逼迫した事態に対する、魂自身の危機感の現れ以外の何物でもない。この「魂自身の危機感」が全多元宇宙空間に投射投影され、霊界が反応し、守護霊が反応して、いわば怒涛の勢いで肉体人間の潜在意識に「目覚めよ!!」と働きかけている――――それが現在という時なのだ。
 現人類が肉体身というものの重要性に気付き始めているという証拠は、いたるところに現れている。
 例えば過去数千年の間、ごく一部の求道者・神秘家たちの秘法秘伝として資師相承(ししそうしょう)されてきた肉体内の霊的器官――――チャクラとか、丹とか、霊的な鞘と呼ばれているもの――――の開発方法が、今日はでは驚くほど一般化されている。一昔前までなら特定の行者の専売だった丹田行法や気功、ヨガ、メディテーションなどが、今日ではカルチャースクールで講義され、美容にまで応用されている。そして、こうした肉体そのものの開発ブームの背景にあるのは、疑いも無く魂の危機感そのものなのである。
 しかし、せっかくこの身の重要性に目を向けてみたものの、肝心かなめの魂の危機のほうには、誰も気付いていない。この、いわば半覚醒とでも言った状況に置かれているのが、現人類なのである。


これ、あくまで四半世紀まえの情報ですから。その後に明らかになっていった情報もこの中に含まれていますが、それは指摘しません。が、この肉体を通じてのみ、アセンションが可能である、ということがはっきりする一文かと思いまして、シェア致しました。

今、生まれてきたこと、生まれさせてくれたことへ、生あることの喜び、ありがたさを感謝し、今日もふにゅ~~~~~んと楽しく参りましょう♪
34:白井亨 :

2012/10/22 (Mon) 04:53:35

ドキンちゃん:

韓国話、面白いねwwww

あの国はサムスン、ヒュンダイ、LGなど一部の大企業でGNPの大半を占めているような
経済なのだそうです。
なんと携帯電話だけでGNPの2割を支えていると言う、中国もビックリな国だといいます。
基本的に新自由主義ですので、国内の雇用が半端なく失われてて、低賃金でも募集が多く、
給与が減るのは大企業にとってメリットがあるからそのままにしているような感じらしい。

改めて日本はイイ国だなあ、と感じます。

田岡満さんの記事もおもしろかった。
私たちの肉体も現象的には下部構造ですが、実は存在的には上下がなく、
そのまま保存されると見ています。
と言ってもエネルギーパタンですが。

ただ魂の消滅の危機感というのはエゴのまやかしでして、この危機感自体、
大いなる錯覚の範疇内です。
そして身体的アプローチはそれなりに使えますが、それさえ条件付けの結果です。
と言いますのも私自身、若い頃からヨガをはじめ様々な身体的アプローチをして来たので
その錯覚がよく見えるのです。
それはどうしても何かをやって目覚める、という誤解が生まれるのです。
変容とは何かをやって人工的に変わるのではなく、自ずと変わることを言います。
故によく「ああ、俺にはもう手立てはないな」となると一気に気づく構図があるわけです。
これはいくら言葉での説明を受けても殆ど無駄でして、外にあるものを当てにする限り
見えぬものです。
結局、いまここの自分を気づくことでしかない、と解るまであれこれぶち当たるんですね。
所謂自覚ですが、簡単に言えば自分の感覚に気づき続ける、としか言えないくらい単純なことです。
説明は役には立ちますが、説明や概念では一時的気晴らしにはなっても目覚めな来ないようです。
35:セドナ :

2012/11/03 (Sat) 01:44:45

こだまさんはもしかしてインターネットの速度が遅いですか?いま、自分が遅いことが
多いので、レス数が多いスレッドは読み込むのが大変だと気づきました。
スレッド節約で500位かと勝手に思ってたんですが、多くて100位がいいのかなと思いました。
まぁブログも作ったし前のようにここで書きまくる事はしませんが、
指摘しておいた方がいいと思いましたので。
36:こだま :

2012/11/03 (Sat) 12:29:21

そうですね、遅いほうだと思います。
でもそんなにストレスは感じません。
ただ、削除以来が在るときは、管理での表示が
500が限度かと感じたので、前回はそう言いました。
だから私はですが・・500くらい、ないしは300くらいかなと感じます。
100ごとだと、白井さんが言ったような乱立状態にもなりますし、
そんな感じでいかがでしょうか?
ただ、スレッドの題名などを変えたければ、
その限りでは在りませんので、ご自分の気分で判断願います。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.