56923

★愛に還る(目覚める為の)「こだまなくらし」BBS★ サイト・動画・ブログを見て聞いてください 覚醒が目的のシェアリングの場です


遠隔ヒーリングに対する質問

1:こだま :

2013/11/06 (Wed) 07:25:40

遠隔ヒーリングに対する
体や意識の変化についての質問は
こちらにお願いします。

答が来たものは、後ほど、イエスとガイドからのフィーリングを
「ヒーリング・フォローアップ音声」として言語化し、
ユーチューブにアップします。

また、必ず答が来るかどうかは、
今はわかりませんので、ご了承ください。

そして、まとめて答の音声を吹き込む予定ですので、
お答は、しばらくお待ち下さい。
ここですぐお答出来る場合は、書き込みます。

なお、個人的で公にしたくない場合や、
遠隔ヒーリングに関すること以外のご質問はメールではなく
個人セッションにてお願いします。

書き込み方は簡単です。
書き込みの枠・・・スレッドは、下にあります。
新規スレッドを立てる場合は、一番下で、
質問は、この枠の中のスレッドにお願いします。

投稿前にプレビューを押せば確認できます。
また、本番の投稿の際には
何度も押すと何度も投稿されてしまうので、
一度ボタンを押したら、遅くてもしばらくお待ち下さい。

また、体験をシェアして下さる方や
ヒーリングで体感を感じた方など、
他の方にもあなた本人にも役立ちますので、
ぜひ投稿をお願いします。

ここのスレッドでもいいですし、
新規スレッドを立てていただいてもかまいません。
勇気を出して書き込みをよろしくお願いします。
2:ゆこちゃん :

2013/11/11 (Mon) 15:52:15

ヒーリングの前日、子供に至らない錯覚をみて、不安心配から怒りの感情を強く長く持ってしまって、ヒーリングをブロックしてしまったと思います。
持病の「至らない病」がぶり返してしまいました。静観しながらも呑みこまれるのです。
わかっていながら呑まれたことで、非常に良い子の我が子に申し訳ないと自虐モードで今日などは青菜に塩のような状態です。

ヒーリングは時間が相対的であることが非常によくわかる体験でした。
始まる前と最中は長く感じられ、終わったあと、じっと瞑想していたのですが気づいたらあっという間でした。
3:えりこ :

2013/11/12 (Tue) 22:38:19

ヒーリング開始時刻の少し前から娘達と一緒に布団に入って待機しました。

そして開始時刻後、数分間「おおおおおおお」って感じてましたが

まもなく爆睡・・・気がついたら朝(笑)


その「おおおおおお」って感じてた時は

娘達とけっこう遊んでいたり、話したりしてまして

「静か」にはしてませんでした(笑)

でもちゃんと感じました。

なのでヒーリングタイムに「一人になって静かにする」という事が出来なくても

受けれるんだなって感じがしてます。



あと自分の周りの人にも明らかな変化が見えるようになりました。

妹は「ガチで肉弾戦」(言い争いや怒りや自虐などの体験)

を全然してないのにどんどんイシキの変容が起こっているんです。

本人は自分の変化に驚いていますが、ちゃんと受け入れていて

「自分の変化に驚くけど、色んな事にチャレンジしてみたいと感じるし、とても楽しい」

と言っています。

私も妹が楽しそうにイキイキとしている姿が見れて嬉しいですし

一緒に色んな体験が出来て楽しいです^^


すごく簡単に楽になっていってる人を目の前にしてるんです(笑)

いや〜〜〜本当に凄いです。

こういうノンストレスでのイシキの変容ってマジであるんですね。

「ガチで肉弾戦」を選んで体験してきた私ですが

決定ワークで「肉弾戦なくてもイシキは変容出来る」と決めてからは

いちいち肉弾戦しなくても、ただ喜びの中で「解放」されていくのを体験し続けています。

でも妹は特に決定ワークをしたわけでもないし

本当にただ普通に暮らしてるだけなんですが

何故かイシキの変容が起こっているわけです。

・・・これこそ奇跡ですよね(笑)

妹の変化、そして妹が変化を受け入れていて楽になっていってるのを見る事が出来て

私は心から嬉しいです。


話が長かったですが・・・何が言いたいかと申しますと

ヒーリングは家族にも有効だと感じている、という事です。

(証拠の一つとしてシェアさせていただきます・笑)


ヒーリングタイム、これからも楽しみです♪


イエス様、ガイドの皆様、そしてこだまさん

いつもありがとう御座います!!

私はとても幸せです^^
4:優子 :

2013/11/20 (Wed) 11:41:31

こだまさん、いつもありがとうございます。

個人コースから、引き続き毎回コースの遠隔ヒーリングを受けているのですが、
上半身(特に右胸部)に痛みが時折走り、全託の意識に集中するようにしているのですが、
どうしても、不快感や恐怖感から、痛みを排除しようとする意識が湧きあがってきます。

全託の意識がうまく掴めないですので、
アドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

その他の思考のおしゃべりはだいぶ静かになり、
いい意味でボーっとできています(笑)

また変化がありましたら、シェアさせてください。

5:優子 :

2013/11/20 (Wed) 18:27:01

No.4で質問させていただきましたが、
先程、必要なメッセージを受け取りました☆

ありがとうございました!
6:ゆこちゃん :

2013/11/21 (Thu) 12:05:58

こだまさん、感謝の報告させていただきます。

光り輝く我が子に導かれたわたしは、おそらく、長く虚無の状態にいたのだと思われます。
今は、世界が優しい光を帯びて白くまぶしくみえます。

こだまさんの3mpを聴いていると、いずれも本当の怪我や病気ではないのですが、
それらを予感させるような症状が次々出てきて、感謝で手放しました。
夜はまったくの無風で清々しい朝をむかえたこともありましたし、逆に、
大惨事を予感させるような事態を経験している夢を見た夜もありました。

わたしが死をまったく怖がらないので、
それらに共通する「主人と息子が困る」「煩わしいことになった」で
エゴがわたしを動揺させようとしているのがわかりました。
こだまさんの3mpがこのときも大変役立ち、そのつどエゴをねぎらい抱きしめました。

朝起きると全身の疲労筋肉痛で、夜のうちにわたしはいったいどこで何をやっていたのだろう
という日が続き、肌が透き通ってみえます。

これまでも、自分が誰なのかわからなくなって冴えに冴えわたる感覚があったのですが、
それが大きく大きくひろがり続けています。
こだまさんのセッションでのご指摘通り、
今思うとそれが最初の導入だったことに気づきました。

11月14日、とうとうアンデレクロスのビジョンがあり、自分?が悟った感覚がはっきりありました。
歓喜と「これだったのね!」という確信があり、いまその喜びに満たされながらこれを綴っています。
放蕩息子の喩えでいつも涙していたわたしは
修学旅行中だった子供に報告しましたら「一緒に帰ろうって言ってたものね!」ととても喜んでくれました。

こだまさんにお目にかかったのが、10月14日。
その日がちょうど一か月だったことに今日気づきました。

こだまさんはじめ、すべての方への愛と感謝を込めて、ここにご報告させていただきます。

7:ゆこちゃん :

2013/11/21 (Thu) 12:23:20

ごめんなさい。

10月17日でしたから、ちょうど4週間でした。

なんだか大冒険だったような、そうでもなかったような不思議な4週間でした。




8:こだま :

2013/11/21 (Thu) 17:30:30

皆さん、書き込みありがとうございます。
フォローアップ音声にしたいと思っていたのですが
中々出来なくて、実相に全託していましたが
皆さん、それぞれに答えがもたらされたようで
素晴らしいと思っています。

書き込んでくださったことで、
ガイドたちに動いてもらえたこともあるようです。

ありがとうございました。
また・・・ご報告して頂き、大変うれしかったです。
ありがとうございます。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.